今が旬!「腸にいいキャベツ」最高の食べ方4秘訣

「食物繊維」も豊富で「腸活効果」がアップ!

「キャベツの腸活効果」と「さらに効果的に食べる4つの秘訣」について解説します(写真: COMOC Sizzle/PIXTA)
世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活法」は30年近く欧州で愛され続け、その「腸活メソッド」を紹介する著作は、本国イタリアのみならず、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、トルコなど世界中で話題になっている。
「アダムスキー式腸活メソッド」は、Google.itの食事法(ダイエット)部門(2017年)で「最も検索されたキーワード」ベスト3に選出されたほどで、その全メソッドを記した著書『腸がすべて』は、日本でも4万部のベストセラーになるなど、話題を呼んでいる。
訳者の森敦子氏が本書の翻訳を通して感じたのは、「食べ物は『何を食べるか』ではなく、『何と組み合わせて食べるか』が大事」ということ。
では、アダムスキー氏の提唱する「最高の腸を手に入れるための組み合わせ」はどうやって食卓に取り入れればいいのだろうか?今回は、本書の翻訳を手掛けた森氏が、「キャベツの腸活効果」と「さらに効果的に食べる4つの秘訣」について解説する。

今が旬の「キャベツ」は「腸活スーパーフード」!

あたたかくなり、スーパーにも春野菜が並ぶようになってきました。とくにこの季節に旬を迎える「春キャベツ」は、みずみずしくて柔らかく、毎年楽しみに待っている人も多いのではないでしょうか。

『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

今話題の「アダムスキー式腸活法」でも、「キャベツ」はブロッコリーと並び、「スーパーフード10」のひとつとして紹介されています。

「アダムスキー式腸活法」とは、食品を「下りてくるのが速い食品(ファスト)」「下りてくるのが遅い食品(スロー)」に分け、毎回の食事で食材を「正しく選ぶ」ことで腸に負担をかけず、「腸を詰まらせない」腸活法。

今回のテーマ「キャベツ」をはじめとした「野菜」「肉」「穀物」は「消化の遅い『スローの食品』」です。一方で、「消化の速い『ファストの食品』」の主な食品には、「トマト」「かぼちゃ」「果物」「唐辛子」などがあります。

つまり、「アダムスキー式腸活法」では、「スーパーフードだから」といってやたらと食べるのではなく、「どの食材と組み合わせるか」に気をつけながら食卓に取り入れることが大切ということです。今回は、「キャベツの腸活効果」とあわせて、アダムスキー博士おすすめの「キャベツの食べ方」4つを紹介します。

次ページ「1つ目の食べ方」は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT