今が旬!「腸にいいキャベツ」最高の食べ方4秘訣

「食物繊維」も豊富で「腸活効果」がアップ!

「キャベツの腸活効果」と「さらに効果的に食べる4つの秘訣」について解説します(写真: COMOC Sizzle/PIXTA)
世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活法」は30年近く欧州で愛され続け、その「腸活メソッド」を紹介する著作は、本国イタリアのみならず、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、トルコなど世界中で話題になっている。
「アダムスキー式腸活メソッド」は、Google.itの食事法(ダイエット)部門(2017年)で「最も検索されたキーワード」ベスト3に選出されたほどで、その全メソッドを記した著書『腸がすべて』は、日本でも4万部のベストセラーになるなど、話題を呼んでいる。
訳者の森敦子氏が本書の翻訳を通して感じたのは、「食べ物は『何を食べるか』ではなく、『何と組み合わせて食べるか』が大事」ということ。
では、アダムスキー氏の提唱する「最高の腸を手に入れるための組み合わせ」はどうやって食卓に取り入れればいいのだろうか?今回は、本書の翻訳を手掛けた森氏が、「キャベツの腸活効果」と「さらに効果的に食べる4つの秘訣」について解説する。

今が旬の「キャベツ」は「腸活スーパーフード」!

あたたかくなり、スーパーにも春野菜が並ぶようになってきました。とくにこの季節に旬を迎える「春キャベツ」は、みずみずしくて柔らかく、毎年楽しみに待っている人も多いのではないでしょうか。

『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

今話題の「アダムスキー式腸活法」でも、「キャベツ」はブロッコリーと並び、「スーパーフード10」のひとつとして紹介されています。

「アダムスキー式腸活法」とは、食品を「下りてくるのが速い食品(ファスト)」「下りてくるのが遅い食品(スロー)」に分け、毎回の食事で食材を「正しく選ぶ」ことで腸に負担をかけず、「腸を詰まらせない」腸活法。

今回のテーマ「キャベツ」をはじめとした「野菜」「肉」「穀物」は「消化の遅い『スローの食品』」です。一方で、「消化の速い『ファストの食品』」の主な食品には、「トマト」「かぼちゃ」「果物」「唐辛子」などがあります。

つまり、「アダムスキー式腸活法」では、「スーパーフードだから」といってやたらと食べるのではなく、「どの食材と組み合わせるか」に気をつけながら食卓に取り入れることが大切ということです。今回は、「キャベツの腸活効果」とあわせて、アダムスキー博士おすすめの「キャベツの食べ方」4つを紹介します。

次ページ「1つ目の食べ方」は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT