今が旬!「腸にいいキャベツ」最高の食べ方4秘訣

「食物繊維」も豊富で「腸活効果」がアップ!

2つ目は、「発酵食品」としても注目されている「キャベツのお漬物」です。

「キャベツ」+「発酵」で抜群の腸活効果

【2】「善玉菌」もとれる「キャベツのお漬物」
食物繊維と乳酸菌を合わせてとることができ、相乗効果で、腸内環境を改善する効果あり(写真:w_stock/PIXTA)
【主に含まれる食材】
キャベツ(スロー)★腸活スーパーフード
【お好みで】
・しょうが(ニュートラル)
・きゅうり(スロー)
・にんじん(スロー)
・昆布(スロー)

昔から日本にある「お漬物」。もともとは野菜の長期保存を目的としたものですが、最近は「発酵食品」として、その健康効果が注目を集めています。

腸内環境を整えるためには、「ビフィズス菌」「乳酸菌」といった「善玉菌」が含まれる「発酵食品」と、その善玉菌のえさとなり、その数を増やしてくれる「食物繊維」を同時に摂取するのが効果的だといわれています。

つまり「キャベツのお漬物」を食べると、キャベツの豊富な「食物繊維」と発酵で増えた「乳酸菌」を合わせてとることができ、相乗効果で、腸内環境を改善する効果が、より高くなるのです。

一見、普通のお漬物ほど発酵が進んでいないように見える「浅漬け」でも、実は乳酸発酵が進んでいるのだそうです。浅漬けなら「食べたい」と思ったときにすぐに作れるのがうれしいですね。

また、ドイツを中心にヨーロッパ各地でキャベツの保存食として食べられている「ザワークラウト」も、キャベツを「乳酸発酵」させたもの。キャベツを塩水とキャラウェイシードで付け込んで作ります。家庭でも作れるので、冷蔵庫にストックしておいて肉料理の付け合わせにすると、洋食のときにも手軽に腸活ができておすすめです。

次ページ加熱するなら「蒸す」のが効果的
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT