今が旬!「腸にいいキャベツ」最高の食べ方4秘訣

「食物繊維」も豊富で「腸活効果」がアップ!

最後は、付け合わせで気軽に追加できる腸活効果抜群の「生キャベツ」です。

一番の「煙突掃除人」は「生キャベツ」

【4】生でたくさん食べられる「せん切りキャベツ」
腸の汚れを落とす効果が高いのは生野菜です(写真:Diziano/PIXTA)
【主に含まれる食材】
キャベツ(スロー)★腸活スーパーフード
【組み合わせOKなおかず】
・とんかつ(スロー)
・エビフライ(スロー)
・ジャガイモコロッケ(スロー)
・豚の生姜焼き(スローとニュートラル)など

食材を加熱するときには「蒸す」のが一番ですが、「腸の汚れを落とす」効果がさらに高いのは「生野菜」。「アダムスキー式腸活法」では、野菜は「かさが大きいほどよい」とされており、「加熱によりかさが減っていない生野菜が一番」といわれています。

食物繊維の豊富な野菜は、生でたくさん食べると消化管の汚れを落とす「煙突掃除人」の働きをしてくれると「アダムスキー式腸活法」では考えられているのです。かんたんなのに腸をきれいにしてくれるなんて、うれしいことづくめですよね。

「せん切りキャベツ」は定食の付け合わせによく出てきますが、「とんかつ」や「生姜焼き」といったほとんどのおかずは「スロー」もしくは「ニュートラル」安心してキャベツと組み合わせることができます。今の時期なら、生でおいしい春キャベツを「サラダ」にするのもおすすめです。

キャベツだけでなく「旬の食材」で腸活を!

今がおいしいキャベツですが、「旬のものを食べれば、消化もうまくいく」とアダムスキー博士は話しています。その場所で育ったものを、その場所の気候に合ったタイミングで食べるのは、消化にとってもよいことなのだそうです。

旬の野菜は、価格が安くて味が濃いだけでなく、栄養価も高くなっています。みなさんも「アダムスキー腸活法」を参考にしながら、「旬の食材」を「正しい組み合わせ」で食事に取り入れることで、腸から健康を手に入れるようにしてみてください。

(医学監修:澤田幸男/医学博士、澤田肝臓・消化器内科クリニック院長)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT