今が旬!「腸にいいキャベツ」最高の食べ方4秘訣

「食物繊維」も豊富で「腸活効果」がアップ!

次は、キャベツの「加熱法」に注目した食べ方です。

「低温で蒸す」は腸活に最も効果的な加熱法

【3】加熱後も有効成分が保てる「蒸しキャベツ」
蒸し料理は、カロリーを控えたい人にとくにおすすめの調理法です(写真:ララ/PIXTA)
【主に含まれる食材】
キャベツ(スロー)★腸活スーパーフード
【お好みで】
・肉、魚(スロー)
・旬の野菜(かぼちゃ、トマト、ピーマンといったファストの野菜を除く)(スローもしくはニュートラル)

「食べ物の有効成分を加熱後も保ちたいと思ったら、『蒸す』のがいちばん」とアダムスキー博士は言っています。「揚げ物」や「炒め物」と比べて油を使わないので、カロリーを控えたい人にとくにおすすめの調理法です。

今が旬のアサリとあわせて酒蒸しにしてもおいしいのですが、博士のおすすめは「蒸し器」を使うこと。博士は「クスクス鍋」と呼ばれる地中海沿岸で使われる鍋を推奨していますが、日本なら「せいろ」「金属製の蒸し器」で代用できます。

こうした「蒸し器」を使うと、蒸気が上へと移動する途中で、食べ物がもつ毒素が軽減されると「アダムスキー腸活法」では考えます。たしかに実際に蒸し終わったときにたまった水を見てみると、食材から抽出された脂やアクで濁っているのがわかります。

キャベツ以外の旬の野菜や、下味をつけておいたお肉なども一緒に蒸せば、蒸し器ひとつで簡単に「腸に効く食事」を作ることができます。せいろや蒸し器にセットしてしまえば、あとはお鍋任せで手間がかからないのもいいところですよね。

ごまだれや黒酢醤油のたれで食べてもいいですし、オリーブオイルやごま油などオイルと塩でシンプルに食べるのもおすすめです。

次ページ最後のおすすめの「食べ方」は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT