エンタメ界の神様が語る「逆張り成功論」

ソニー・コンピュータ元会長の丸山茂雄氏に聞く(上)

音楽は日本だけだけど、ゲームは世界で売れる

三宅:すごいです。私も丸山さんの部下になりたいです(笑)。ゲームを作ろうという話は、ソニー・ミュージックにいらした頃に出てきたのですか。

丸山:そう。その少し前から、レコーディングスタジオに行くと、ミュージシャンが『パックマン』とか、出始めたばかりのビデオゲーム機に100円玉を突っ込んで遊んでいる姿を見るようになって、それがやがて子供たちにもどんどん広まっていった。基本的にゲームも音楽もエンターテインメントだから、これはユーザーの時間の取り合いになると思った。

そうこうするうちに任天堂がファミコンを始めて、スーパーファミコンができた。スーパーファミコンの音は、ピコピコという電子音からもう少し進化したものだったんだけど、その部品を作っていたのが、ソニーの久夛良木健という後にプレイステーションを作ったやつなの。

その久夛良木が、「俺はゲーム機を作る」と言い出した。俺は知り合いじゃなかったけど、ソニーグループでソフト系をやってるのは俺のところしかないから、俺のところにやってきて「手伝ってくれないか」と頼んできたのが最初だった。

そのとき俺は任天堂のファミコンのゲームも作ってたのよ。『TMネットワークの○○○』とか、『聖飢魔IIの○○○』とか。みんな俺の関係するミュージシャンの名前を、タイトルにくっつけた。これが歴史上に燦然と輝くつまらないゲームとして有名なんだけど(笑)、何でも売れた時代だから、そこそこ売れたのよ。そんないい時代はすぐ終わったけど。

三宅:それからは、『ドラゴンクエスト』とか『ファイナルファンタジー』とか、ビッグタイトルの時代になっていきましたね。

丸山:それに、ゲームのメディアがそれまでカセットだったのが、CD-ROMに変わるタイミングだった。CD-ROMって、CDだからね。

三宅:丸山さんの出番ですね。

丸山:あのとき、もし任天堂がちょっとヤマっ気を出してレコード会社を作って、「うちのゲームの主題歌をやりませんか」って、俺のところのミュージシャンに声をかけたら、たぶんみんなフラフラとそっちに行ったよね。音楽は日本でしか売れないけど、ゲームは世界中に売れる。レコードは大ヒットしても30万枚、40万枚だけど、ゲームは500万本、600万本という時代だったから。「もしそうなったら音楽は全部任天堂にやられちゃう」という危機感を俺は持ったわけ。だからCD-ROMをやるんだったら、ソニーが絡んでるほうがいいな、と思った。

三宅:それで、ソニーとソニー・ミュージックが合弁でソニー・コンピュータエンタテインメントを作ったわけですね。そこからいよいよプレイステーションの大ヒットにつながるわけですが、その話は次回に詳しくお聞きしたいと思います。

(構成:長山清子、撮影:風間仁一郎)

※続きは7月16日(水)に掲載します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT