アルフィー、還暦だけど「スタートライン」

40年の軌跡には、仕事の教訓がいっぱい

 今年、デビュー40周年を迎えるTHE ALFEE。今なお、現役で活躍する3人のメンバーから、若いビジネスパーソンが学べることは多い。ファンサイト「Aの会」代表を務める筆者が、その魅力と教訓を説き明かす。

40年を休むことなく駆け抜ける

THE ALFEEがデビューしたのは1974年。今年8月で丸40年を迎える。

ビジネスパーソンにとって40年という時間は、社会人になってから定年になるまでの時間に相当する。しかし、彼らは次の10年を見据えた現役プレーヤーだ。しかも3人の友情は不変である。40年という期間を、どのように駆け抜けたのか。

第1回は、まずその軌跡を見ていく。ファンの方も、そうでない方も、ぜひお付き合いいただきたい。メンバーの3人は、「つねにスタートライン」という姿勢で走り続けている。この考え方は、年齢を重ねた多くのビジネスパーソンを勇気づけるものだ。

画像を拡大
THE ALFEE デビューから40年間の年表

40周年。これは、日本のバンドとしてはまさに前人未到である。しかも、活動休止や解散などいっさいなく、毎年、変わることなく全国ツアーを行い、コンスタントに作品もリリースし、シングル曲においては1983年発売の「メリーアン」から現在に至るまで、48作連続でオリコンチャートのベストテン入りを果たしている。ただ続けているのではなく、その活動内容が、ますますパワーアップしているのだ。

しかし、最初から順風満帆だったわけではない。長い不遇の時代もあった。その不遇の時代があったからこそ、今の安定感のある魅力が確立できたのである。

次ページ幻に終わった三億円事件のパロディ曲
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。