テレビゲームの父、任天堂・山内溥氏を悼む

享年85歳。顔を持った個性的な経営者がまた1人、鬼籍に

家庭用テレビゲーム産業の父、任天堂の山内溥前社長が9月19日、85歳で逝去した。3日後の22日に京都市内の任天堂本社で執り行われた社葬には稲盛和夫・京セラ名誉会長ら京都財界の首脳が参列。岩田聡社長は弔辞の中で故人との思い出を次のように述懐した。「山内さんの笑顔は最高に魅力的でした。滅多なことでは褒めてくださる方ではありませんでしたが、まれにこちらの報告に笑顔で応えてくださったときは、本当にうれしく感じ、どんな苦労も吹き飛んで力が湧いてきたことを覚えています」。

大学在学中の22歳で家業のカードゲーム会社を引き継いだ山内氏は社長を53年務めた。多くの失敗を繰り返しながらも、「ゲーム&ウォッチ」などのヒットを飛ばし、任天堂を世界的なゲーム会社に育て上げた。荒波をくぐる中で確立した信念は「独創の精神」だ。1998年の本誌取材ではこう断言した。「われわれが考え、形成し、創造し、歩む。人に影響されたり他の会社の動向に左右されるようなビジネスをするつもりはない。そうなったら、任天堂という会社はやめにしてもいい」。

ダイキン工業の井上礼之会長兼CEOは「とにかくアイデアが豊富で、企業家というより起業家だった」と評する。

『ポケットモンスター』で任天堂と協業した小学館マルチメディア局チーフプロデューサーの久保雅一氏は、「山内さん自身が失敗を多く経験している。だから、チャレンジすることを応援してくれ、それが大きな支えになった」と話す。

本誌は複数の関係者から故人との思い出を聞いた。そうしたコメントの中から、元ソニー・コンピュータエンタテインメント会長、久夛良木健氏の弔文を掲載したい。

次ページ久夛良木氏が寄せてくれた弔文
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。