プレステ初期の躍進を支えた音楽業界の経験

ソニー・コンピュータ、丸山茂雄元会長に聞く(下)

 ソニーがプレイステーションでゲーム業界に参入した頃、ゲーム業界からもユーザーからも「ソニーのゲームなんて売れるわけがない」という意見が多かった。ソニー・ミュージックエンタテインメントを経てソニー・コンピュータエンタテインメントでゲーム事業を牽引した丸山茂雄氏は、その状況からどうやってプレイステーションの大ヒットにつなげたのか? 異業種である音楽業界の経験が、どのようにゲーム業界での躍進に生きたのか?

 ※前編:エンタメ界の神様が語る「逆張り成功論」こちら

3人のキーパーソン

三宅:前回はソニーとソニー・ミュージックが合弁でソニー・コンピュータエンタテインメントという会社を作ったと伺いました。当時、ソニー・コンピュータエンタテインメントにおける、キーパーソンは誰だったのですか。

丸山:久夛良木、丸山に、それからソニーの徳中暉久さん。

三宅:徳中さんはどのような役割を担当されていたのですか。

丸山:彼はソニー・コンピュータエンタテインメントの2代目の社長で、どちらかというと管理畑の人。人柄がすこぶるつきのいい人なのよ。ソニーの中にはまるで敵がいない。ソニーがそういういい人を指名してくれた。

三宅:そうだったのですか。指名してくれたというのは誰が?

丸山:当時のソニーのCFOだった伊庭保さん。その人が秘蔵っ子を出してくれたの。

三宅:よく出してくれましたね。ソニーとしてもゲームに力を入れようとしていたということですよね。

丸山:そこは微妙なんだよね。個人的に伊庭さんと徳中さんは、ゲームビジネスは面白いと思っていた。でもいろんな問題が起こって、なかなかソニーとしての機関決定に持ち込めなかったから。

三宅:どういうポイントが引っかかったんですか。

丸山:俺から言うとちゃんちゃらおかしいんだけど、ソニーはさ、自分たちをエレクトロニクスで世界のトップの会社だと思っていたわけ。

エレクトロニクスの最先端の商品と比べたら、確かにファミコンは大した技術じゃないよね。だけど任天堂はそれを上手に使って、『スーパーマリオブラザーズ』とかいいソフトを作って伸びた会社。でも当時のソニーから見ると「それで?」っていう相手に見えた。

三宅:「花札屋」くらいに思っていた?

丸山:そう。任天堂は花札やトランプからスタートしたから、オモチャ屋だと思っている。それなのに何をどう間違えたか、「世界のソニー」がオモチャ屋と競争することになってしまった。でも一般論からすれば、ユーザーの支持はオモチャ屋のほうにあるわけじゃない。

三宅:はい。私も当時は大学生でスーパーファミコンのヘビーユーザーでした。

次ページ負けたらかっこ悪いと思われていた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。