プレステ初期の躍進を支えた音楽業界の経験

ソニー・コンピュータ、丸山茂雄元会長に聞く(下)

丸山:だけどやっぱり最初にゲームを引っ張るのはゲームおたくだから、彼らから見た場合、任天堂の次はセガが有力で、ソニーはどうせ優等生的で面白くないに違いないと思われていた。まあ、逆風だよね。

それにソニーは、「世界のソニー」だけあって、当時のゲーム業界から見ると「上から目線」なところがあったわけ。ところが俺ら、ソニー・ミュージックから来たチームはエンターテインメント出身だから、いつも地べたをはいずり回っている。ソニーのサラリーマンが付き合う人とミュージシャンとは全然違うし、仕事の仕方も違う。俺たちは、頭を下げたりヨイショしたり、泣き落とししたりが平気。だからゲーム業界の側でも、「お、今までのソニーと違うな」となる。エレクトロニクスとは異業種のエンターテインメント業界を知っていたからこそ、プレイステーションのチームはうまく業界に溶け込めた。

三宅:それでソフトが次々に出るようになったら、あっと言う間に100万台をクリアして、翌年秋のクリスマス商戦に合わせてアメリカでも販売をスタートした。
どんどん成功して、いつの間にかスーパーファミコンにも勝ちましたね。

丸山:スーパーファミコンよりは、どちらかと言うとセガサターンとの戦いだったね。セガサターンとプレイステーションはスーパーファミコンより一足早く立体的な3Dの画面になっていたから。

三宅:そして『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』などの大ヒットシリーズをプレイステーションでも遊べるようにして、勝利が決定的になった。

会社を動かすのはナンバー2

三宅:丸山さんはソニー・ミュージックとソニー・コンピュータエンターテインメントの両方にいらっしゃいましたね。その両方の視点を持つ人がいたことは、プレイステーションにとって大きな意義があったのだと思いました。

丸山:俺は両方の会社にいて、しかも一時期、「THE・副」って言われてたのよ。トップじゃなくて、必ずナンバー2だから。

三宅:裏で操っていたわけですか(笑)。

丸山:会社って基本的に「副」が経営しているわけですよ。俺がソニー・ミュージックの社長になったら、権限が何もないことに気がついた。だって基本的には取締役会が権限を持っているから、社長決裁なんて何もない。

三宅:何もないんですか!?

丸山:まあ一般的には「社長がやれと言っているから」ということで、取締役会でそれが通るんだけどね。でも外部取締役が増えると、「なんでこれをするんですか」なんて、見当外れの質問が来てややこしいじゃない。

三宅:わかる気がします(笑)。

次ページ人は教育して育つものでもない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT