「ベンツ」を射止めたルノー・日産の腹案、実利を優先した現実的提携の正否

「ベンツ」を射止めたルノー・日産の腹案、実利を優先した現実的提携の正否

「双方の利害は一致している。補完性もある」(ディーター・ツェッチェ・ダイムラー会長)。

4月7日、戦略的提携で合意した仏ルノー、日産自動車、独ダイムラー。株式交換により、ルノー日産とダイムラーが3.1%ずつ株式を保有する。

提携内容は小型車の共同開発とエンジンの共用、ダイムラーから日産の高級車ブランド「インフィニティ」へのエンジン供給、小型商用車での連携など多岐にわたる。カルロス・ゴーン・ルノー会長兼日産社長は「今後5年間で、20億ユーロ以上の効果がある」と胸を張り、ツェッチェ会長も「うちも同じくらいだ」と仲良く期待感を示した。

昨年末の独フォルクスワーゲン(VW)とスズキに次ぐ大型新連合が誕生。その背景には、高級車の雄・ダイムラーの焦りがあった。

欧州の自動車メーカーは今、欧州委員会から「新車の二酸化炭素(C02)排出量を平均130グラム以下にせよ」という匕首(あいくち)を突きつけられている。超過したら罰金だ。2012年から段階的に適用され、15年にはすべての新車が対象になる。

「ダイムラーは09年の1年間だけで13グラムも減らした。12年までに140グラム以下にする」。2月中旬、ツェッチェ会長はメディアの前でこう宣言した。が、130グラム以下と言い切れないところに苦しさがのぞく。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。