「ベンツ」を射止めたルノー・日産の腹案、実利を優先した現実的提携の正否

“経済危機後の世界”に形成された、VWスズキ、トヨタ、ルノー日産ダイムラーという3強勢力。排気量分布で比較すると、トヨタはディーゼルが全般に手薄で、VWスズキは小型ディーゼルに拡大余地がある。

ルノー日産ダイムラーは小型ガソリンエンジンをまだまだ増やしたいところだ。

「引き続き、多くの自動車メーカーと交渉を続ける」と明言したゴーン氏がさらに動くのか。業界再編の最終形はまだ見えない。

■日産自動車の業績予想、会社概要はこちら

(週刊東洋経済2010年4月24日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT