「ベンツ」を射止めたルノー・日産の腹案、実利を優先した現実的提携の正否

メルセデス・ベンツのラインナップで小型車といえるのはAクラスとBクラスだが、この2車種が世界販売台数に占める比率は2割にすぎない。2人乗りの小型車ブランド「スマート」を合わせても3割程度だ。しかもその比率は、Bクラスを発売した05年をピークに低落が続く。

英調査機関JATOが発表しているブランドごとの平均CO2排出量ランキングでは、メルセデス・ベンツは10位に甘んじる(下表)。

ダイムラーにとってさらに頭が痛いのが、高級車の代名詞であるメルセデス・ベンツの威光に陰りが見えてきたという事実だ。

昨年のベンツの世界販売台数は14%減。世界全需の4%減と比べて落ち込み幅が大きい。上顧客だった金融機関に勤めるホワイトカラーを、リーマンショックが直撃したのだから無理もない。だが、ライバル他社より落ち幅が大きいのが問題だ。

価値観の変化で低落したベンツの神通力

日本では、鼻先にスリーポインテッド・スターを付けたベンツが、今日もわがもの顔に街を行き交っている。国内でベンツ・BMW・アウディという高級車3大ブランドに占めるベンツのシェアは4割近い。

これが地元・欧州になると、形勢は逆転する。06年以降シェアは頭打ちとなり、その後は下降の一途をたどる。昨年にはついにアウディに抜き去られた(下グラフ)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT