夏場の便秘と下痢、その解消法とは?

腸の不調にご用心!大腸がんは女性のがん死因1位

朝食をしっかり食べよう!

食事で食物繊維をたっぷり取り、腸内環境を整えるのが、便秘や下痢の解消の第一歩になる。とはいえ、そもそも朝食抜きという人もいるだろう。出勤時間のギリギリまで寝ていると、朝ごはんを食べる時間はない。夕食の時間が遅いと、朝起きたときに胃がもたれている場合もある。しかし、朝食抜きが、便秘や下痢に拍車をかけるという。

「人間の身体は、時計遺伝子(体内時計)のリズムによって、日中は活動的になり、夜はグッスリ眠るといった体調を整えています。それは、自律神経の働きも左右し、腸の働きにも影響を及ぼすのです。時計遺伝子のスイッチを入れるには、朝食をしっかり食べることが必要です」(同)。

朝食を抜いてしまうと、腸の働きが悪いゆえに便秘や下痢につながる。体調不良に加えて、エネルギー不足で集中力も欠如。調子が戻ってくるのは昼食後。加えて、体内時計が乱れていると、夜の寝つきが悪く、寝不足にもなりやすい。こんな悪循環を断ち切るには、朝食をしっかり食べるのがひとつの方法だ。

「米国の調査では、授業の1時間目の前に、学生に15分程度の運動をさせたところ、成績が上がったとの報告があります。朝は早めに起きて、ラジオ体操など軽く体を動かした後に、しっかりと朝食を食べる。すると血流や自律神経の働きが高まり、便秘や下痢の解消だけでなく、仕事のパフォーマンスも上がるでしょう。夏場は、外気の影響で自律神経が乱れやすい時期でもありますから、ぜひライフスタイルを見直していただきたいと思います」と、小林院長はアドバイスする。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。