ビジネスマンにも売れている「占い本」の中身

知らないうちに「新しい時代」が訪れていた

『「風の時代」に自分を最適化する方法』が異例のヒットとなっている著者のyujiさん(撮影:尾形 文繁)

「占い」を客観的な視点でさまざまな角度から検証する本連載。今回は、昨年11月に発売されてから、瞬く間に7刷まで重版し、異例のヒットとなっている書籍『「風の時代」に自分を最適化する方法』を取り上げたい。星占い関連の本でありながらビジネスマンにも多く手に取られているという本の筆者は、yujiさんだ。

もともとプロダクトデザイナーだったという同氏は、見た目も占い師というより、ファッションやデザイン関係者を思わせる。そんなyujiさんが自らが「星読み」と呼ぶ仕事に転じたのはなぜだろうか。そして「新たな時代」にビジネスピープルが備えておくべきことはなんだろうか。

占星術界では大きな時代の変わり目

yujiさんの著書にのみならず、ここのところよく「風の時代」という言葉を耳にしないだろうか。西洋占星術によると2020年12月、天体の配置が大きく変わり、220年ぶりにそれまでの「土の時代」から、「風の時代」に変わり、これを女性誌中心に多くのメディアが取り上げているのだ。

この連載の一覧はこちら

占星術の考え方によると、時代は約200年ごとに「水」「火」「地」「風」に変わるという。が、時代が変わるということは占星術では何を意味するのだろうか。

「私たちは毎日、朝が来て夜を迎える宇宙のめぐりの中で生きています。四季もめぐりですよね。天体もつねにめぐっていて、星の動きと歴史の転換点は連動しているのがわかります。前回の風の時代は鎌倉時代の始まりでした。日本の大きな変容のタイミングと言われています。火の時代に変わったのは関ヶ原の戦いがあり、江戸幕府が生まれた頃。そして産業革命に合わせるように土の時代に変わりました。歴史の大きな転換点と時代の移行は符合しているのがわかります」

そして昨年、占星術師たちがこぞって「時代が変わる」と見ていたタイミングで起きたのが新型コロナウイルスによるパンデミックである。これによって、世界中の人の働き方や価値観は大きく変わった。パンデミックを「風の時代になったから」と見るのは無理があるが、多くの人が「変化」を感じたのは間違いないだろう。未曾有の事態で、より多くの人が「風の時代」に興味を持つことにつながったとも言える。

そんな新しい時代をビジネスピープルはどう生き抜くべきか。yujiさんに聞く前に、そもそもyujiさんがなぜ占い師に「転職」したのか聞いてみたい。

次ページイタリアでデザイナーとして活動していたが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT