北海道の激ムズ地名「重蘭窮」どうやって読む? アイヌ語の地名は基本的に地形を説明している

拡大
縮小

東北地方にアイヌ語が話されていた証拠としての地名という話も、このような北海道のはっきりとアイヌ語とわかっている地名のルールと照らし合わせたうえで考えられているものです。

ただアイヌ語で解釈できるからという理由だけでアイヌ語地名だと言えるわけではありません。この点についていちばん勉強になるのは、山田秀三さんという人の著作です。

実は東北北部のアイヌ語地名の多い地域というのも、山田さんが膨大な現地調査のうえで導き出した結論です。たとえば、「内」という漢字を当てられることの多い、ナイ「川」のついた地名は、アイヌ語地名の代表のようなもので、北海道にも東北にもたくさんありますが、山田さんはナイがついているからただちにアイヌ語地名だ、という判断の仕方はしません。

彼の「サンナイ地名の謎」(註1)という論考を読むと、それがよくわかります。サンナイというのは青森県の三内丸山遺跡の三内がその1つですが、山田さんは最初それがアイヌ語地名だとは思っていなかったそうです。

三内丸山遺跡の三内はアイヌ語なのか

しかしアイヌ語として考えてみたらどうかと思ったとき、たちはだかったのは、サン「下る」ナイ「川」という、ただアイヌ語の単語を日本語に置き換えただけの一般的な語釈でした。

何が下るのか? 水が下るのは、川ですから当たり前ですね。何か特徴的なものが下るのでないかぎり、そんな名前がつくわけはありません。それを解決しないとサンナイがアイヌ語だとは言い切れません。

考えあぐねた山田さんは、釧路の奥にサンケナイ「下ろす・川」という地名を見つけ、土地の古老にその意味を尋ねてみました。そうすると「大雨でも降ると、急にどっと水が出る川だからそういうのだ」という説明でした。そこで、彼は北海道天塩(てしお)地方の三毛別(さんけべつ)(ベツはペッのことでやはり「川」の意味)、後志(しりべし)地方の珊内(さんない)、秋田県の三内と山内、そして青森県の三内に実際に行ってみて、そこで土地の人たちへの聞き取りを行い、すべての地点が洪水や鉄砲水の名所であるということをつきとめました。

そこでやっと、サンナイというのは「(増水が)流れ出る・川」だという結論に達しました。つまり三内丸山の三内はアイヌ語地名だということをつきとめたのです。

次ページ地名をなくすことは歴史を消すこと
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT