写真下手に知ってほしい「映える撮り方」超基本

SNSで「いいね!」が集まりやすくする技法

重要なのは「構図」と「アングル」です(写真:elwynn/PIXTA)
SNSでの発信が企業や商品のイメージを決定づけることもある今、「写真」の重要性は増しています。「いいね!」を集めやすい「映える写真」を撮るにはどうすればよいのでしょうか。実は、それほど難しく考える必要はありません。押さえておくべきなのは基本的な技法です。戦略デザインコンサルタントでアートディレクターのウジトモコ氏の新著「これならわかる!人を動かすデザイン22の法則」を基に、今回は知っておきたい「構図」と「アングル」の原則をお届けします。
第1回:実例で学ぶ「売り上げを伸ばす」デザインの凄技
第2回:「伝わらない資料」が大改善するたった2つの技

「構図」を意識して撮影する

Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)といったSNSは、個人に限らず、企業にも積極的な参入が求められています。

やるリスクよりも、やらないリスクが叫ばれるものの、いざ始めた場合、最初にぶつかる壁のひとつは「写真の投稿」です。スマートフォンに対応したカメラの技法を身につけ、壁を乗り越えましょう。

ここでは「映え」を作る「構図」と「アングル」を紹介します。

写真を撮るときに「構図」を意識しない人は、画角の中の被写体(風景や料理など)を「漫然と」撮影してしまっています。一方、構図を意識する人は、被写体に「焦点」を合わせて撮ることを心がけています。

この焦点を合わせて写真を撮るということを、「フォーカスロック」などと言いますが、では、どこに何を置いてどのように「焦点」を合わせて撮影していけば、よい写真になるのでしょうか。

次ページ写真撮影における構図は主に3つ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT