綾瀬はるかの「サイコパスな男」に魅入られる訳

連ドラにファンタジーが5作もそろった理由

昨春、一度目の緊急事態宣言が発令されたことで「半沢直樹」、「ハケンの品格」(日本テレビ系)、「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)など各局のドラマ撮影が休止され、放送延期に追い込まれました。

各局は過去の名作を再放送して乗り切りましたが、最も支持を集めていたのは「JIN-仁-」(TBS系)。同作は、もし現代の医師が江戸時代にタイムスリップしたら……という設定のファンタジーであり、やはり老若男女にとってわかりやすく、気軽に見られる作品でした。

再放送された当時、ネット上には「涙腺崩壊」「感動が止まらない」「コロナを忘れて見入ってしまった」など称賛の声が続出。つまり、「入口はわかりやすく、気軽に入れる」にもかかわらず、「入ってみたら奥が深くて、十分楽しめた」のでしょう。

温かい人間ドラマをわかりやすく見せる

「JIN-仁-」はタイムスリップを入口にしたファンタジーですが、視聴者に感動を与えたのは、ひたむきに生きる人々や、病に立ち向かう医療従事者たちの姿。ファンタジーを入口にしたことで、そのような熱く、温かい人間ドラマをわかりやすく見せることができたのです。

この点は現在放送中のファンタジーも同様。「知ってるワイフ」は、知らなかった妻の思いや哀しみを知り、本当に大切なものを模索する。「君と世界が終わる日に」は、絶望的な状況で生まれる絆や、変わらない愛情を実感する。「モコミ」は、狭い世界に閉じこもっていたヒロインが自分や家族と向き合い、再生していく。「江戸モアゼル」は、江戸の花魁と現代の草食系男子が恋心を育む。いずれもファンタジーを入口に掲げながら、視聴者を深い感動に誘おうとしていることがわかるでしょう。

一方、「天国と地獄」は先が読みづらい設定ですが、「互いの価値観を根底から揺るがす、予想もしない真実と“究極の愛”が待っていた」という展開が予告されているだけに、中盤から終盤に向けて感動させられるシーンが増えていくでしょう。

次ページ業界きっての脚本家が感動作に昇華
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT