今さら聞けない「頻出カタカナ英語」本当の意味

クラスター、パンデミック、ハレーション…

まれに「テ」の部分を「ティ」と発音して、「サスティナブル」と言う方もいますが、実はこれは英語としては間違いですので注意しましょう。ちなみに、sustainabilityと名詞にしたときも、発音は/səˌsteɪnəˈbɪləti/(スステイヌビリティ)なので、「サスティナビリティ」ではなく、「サステナビリティ」と覚えてください。

この「サステナブル」という単語と切り離すことができないのがSDGs(エス・ディー・ジーズ)。これはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略で、2015年9月の国連サミットで採択された目標です。加盟国193カ国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げたもので、17の目標が含まれています。

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)
1. No Poverty(貧困をなくす)
2. Zero Hunger(飢餓をゼロに)
3. Good Health and Well-being(すべての人に健康と福祉を)
4. Quality Education(質の高い教育をみんなに)
5. Gender Equality(ジェンダー平等を実現しよう)
6. Clean Water and Sanitation(安全な水とトイレを世界中に)
7. Affordable and Clean Energy(エネルギーをみんなに、そしてクリーンに)
8. Decent Work and Economic Growth(働きがいも経済成長も)
9. Industry, Innovation and Infrastructure(産業と技術革新の基盤をつくろう)
10. Reduced Inequalities(人や国の不平等をなくそう)
11. Sustainable Cities and Communities(住み続けられるまちづくりを)
12. Responsible Consumption and Production(つくる責任つかう責任)
13. Climate Action(気候変動に具体的な対策を)
14. Life Below Water(海の豊かさを守ろう)
15. Life on Land(陸の豊かさも守ろう)
16. Peace, Justice and Strong Institutions(平和と公正をすべての人に)
17. Partnerships for the Goals(パートナーシップで目標を達成しよう)

それぞれの目標は、さらに細分化されて169のターゲットが設定されています。スーパーやコンビニでのビニール袋の有料化や、学校で「○○くん」「○○ちゃん」という呼び名を、性別にかかわらず「○○さん」に統一するなど、身近でもSDGsを意識した動きが多く見られていますよね。これからの10年間はこうした点が生活や仕事をするうえで1つの基準になりそうですね。

野窓ワーカーって……

皆さんは「ノマドワーカー」や「ノマドワーク」ということばを聞いたことはありますか。「オフィスの外に出て自由にカフェなどで仕事をする人」やそのような働き方のことを指すのですが、筆者の友人は漢字で「野窓(のまど)」と書き、それは「野良Windows(窓)」の略だと思い込んでいたのだとか。そして「外でPCWindows)を使って仕事をすること」と理解していたらしいのです。

次ページ元来は「遊牧民」「放浪者」という意味
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT