今さら聞けない「頻出カタカナ英語」本当の意味

クラスター、パンデミック、ハレーション…

「今回の大幅な人事異動に伴って、各部署でハレーションが起きている」のように「ハレーション」という単語をビジネスのシーンで耳にすることがありますが、実は和製英語だというのはご存じでしたか。もともとは写真に使われる単語で、そちらの意味では英語でも日本語でも共通です。リーダーズ英和辞典では以下のように定義されています。

ha·la·tion/heɪléɪʃ(ə)n,hæléɪʃ(ə)n,həléɪʃ(ə)n/n
⦅写⦆ハレーション⦅強い〔多量の〕の光がフィルム裏面で反射され乳剤面に逆戻りして生ずるにじみ⦆;⦅テレビ⦆ハレーション⦅テレビの画面の明るいスポットの周囲に時々現れる光の輪⦆

/heɪléɪʃ(ə)n/(ヘイレイシュン)、/hæléɪʃ(ə)n/(ヒャレイシュン)、/həléɪʃ(ə)n/(フレイシュン)と最初の音節に3とおりの発音が紹介されていますが、最後のhə(フ)という「あいまい母音」の発音が一般的です。

日本では「強い光によって写真が白くぼやけてしまう」というもともとの意味から派生して、「望まない悪影響を与えること」を「ハレーション」と言うようになったのだと思いますが、個人的にはどうしてこの表現がそんな意味に発展したのかちょっとピンと来ないですね……。

【ハレーション】 周囲に及ぼす悪影響や人間関係の摩擦のこと

こちらの意味の「ハレーション」は日本語特有の用法ですので、英語では通じませんので注意しましょう。こちらの用法を英語にするのであれば、a negative impact(悪影響)やconflict(争い・利害などの衝突)などの単語を使うといいでしょう。例文を書いておきますので、参考にしてください。

The unrealistic expectations from Mr. Williams are causing conflict within the department. (ウィリアムズ部長の非現実的な要求が部署内にハレーションを生んでいる)
Katy’s abusive leadership had a negative impact on the organization. (ケイティの横暴なリーダーシップが組織にハレーションを引き起こした)

くれぐれも「ハレーション」は起こさずに仕事をしていきたいものですね。「ハレーション人材」なんて呼ばれたくありませんしね……。

サスティナブルは間違い

それから最近とみに見聞きするのが「サステナブル」という単語。これは「地球環境を維持しながら生活や経済を発展させるような」という意味で使われています。

【サステナブル】 地球環境を維持できるような、持続可能な

英語ではsustainableと書き、「持続可能な」「資源を維持できるような」という意味を表します。リーダーズ英和辞典とロングマン現代アメリカ英語辞典を見てみると、

sustáin·able a
1 支持できる、支えられる;維持できる;持続できる;持ちこたえられる
2 〈開発・農業などが〉資源を維持できる方法の、持続可能な;〈社会などが〉持続可能な方法を採用する生活様式の
 
sus·tain·a·ble /səˈsteɪnəbəl/ adj.
an action or process that is sustainable can continue or last for a long time: sustainable economic growth (「サステナブルな」行動や手段と言ったら、長期間にわたって持続することができるという意味:持続可能な経済発展)

のように書かれています。英語の発音は/səˈsteɪnəbəl/(スステイヌボー)なので、本当は「サステイナブル」と言ってほしいところですが、日本語では「サステナブル」とよく発音されます。

次ページ「サステナブル」と切り離すことができないSDGs
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT