今さら聞けない「頻出カタカナ英語」本当の意味

クラスター、パンデミック、ハレーション…

日本テレワーク協会の定義によると「情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」のことのようで、広義には時間にもとらわれない働き方ということもできるかもしれません。一般的にはそこまでのイメージはないものの、公的なところで多く使用される表現のように感じます。「リモートワーク」は純粋にオフィスの外で仕事をすることを指している印象で、民間企業で一般的に使用されています。

「在宅勤務」と明確に言いたいときは

英語でも、digital nomadsteleworkersremote workersの定義は人によってさまざまなようです。ただし、digital nomadsには場所を自由にできるイメージがあります。オフィスではない自分の好きな場所で仕事をするというニュアンスや、世界を旅しながら仕事をしているなど生活の場所も含めて流動的なニュアンスを含むことが多いようです。

teleworkersというと在宅勤務のイメージ。通常はオフィスで仕事をしながら週に数日は在宅勤務をするというときなどに当てはまると言う人もいます。remote workersはメインオフィス勤務ではない人を指すイメージのようで、つねに在宅勤務をする人を指すこともあれば、サテライトオフィスで勤務している人を指すこともあるようです。オフィスから離れた場所が、その人の仕事場であるという感じでしょうか。

ただ、日本語でも英語でも、使用している人によってその定義がまちまちなので、どのような意味で言っているのかは確認したほうが無難かもしれませんね。また雇用形態を問わず、英語で「在宅勤務」と明確に言いたいときにはwork from homeという表現をよく使うので、ぜひ覚えておいてください。

新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに、働き方の多様化が一気に進んだ今日このごろ。オフィス勤務と在宅勤務どちらにもそれぞれのメリットがあるので、筆者は半々くらいにできると心理的にも生産性的にも理想的かなと思っているのですが、ノマドワークは個人的には向かなそうです。

Do you prefer working from home or in the office? (皆さんは在宅勤務とオフィス勤務、どちらのほうがお好みですか) Or do you want to be a digital nomad? (それとも、ノマドワーカー派ですか)

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT