今さら聞けない「頻出カタカナ英語」本当の意味

クラスター、パンデミック、ハレーション…

英語ではclusterと書きますが、この単語自体は「同種類のものや生物・人の群れや集まり」という意味です。リーダーズ英和辞典とロングマン現代アメリカ英語辞典の定義によると、それぞれ以下のとおりです。

clus·ter/klʌ́stər/n
⦅ブドウ・サクランボ・フジの花などの⦆ふさ(bunch)〈of〉;⦅同種類のもの・人の⦆群れ、集団〈group〉、集落、クラスター
 
clus·ter/ˈklʌstɚ/n. [C]
1. a group of things of the same kind that are very close together(密集した同種類のものの集まり)
2. a group of people all in the same place(同じ場所にまとまっている人の集団)
3. TECHNICAL an unusually high number of events or cases of illness in the same place or at the same time(専門用語 同じ場所でまたは同時に、尋常ではないほど多く発生する事件や病気)

ロングマンの英英辞典では3つ目に病気のクラスターの定義も載っていました。病気だけじゃなくて、事件などでも使うんですね! cluster of theft crimes(窃盗事件のクラスター)なんていう感じでしょうか。

病気の「クラスター」のことは正式にはdisease clusterと言いますが、cluster of cancer cases(ガン発症のクラスター)のように後ろに病名をつければclusterだけでも伝わります。ただ、英語のニュースでは日本の報道ほど頻繁に「クラスター」という表現は使われずに、

An outbreak of 25 cases of COVID-19 has been identified at ABCD Church in Tokyo. (東京のABCD教会で25名の新型コロナウイルス感染の発生が確認されました)
10 new cases of COVID-19 have been tied to XYZ hospital in Osaka. (新たに10名の新型コロナウイルス感染が大阪のXYZ病院に関連することがわかりました)
Japan reported 10,000 new COVID-19 cases as of 7:00 p.m. on Friday. (日本では金曜日、午後7時時点で新たに1万人の新型コロナウイルス感染が報告されました)

のような文で表現されることが多いです。具体的に「○○件」と表現はするものの、それをわざわざ「クラスター」と言及することはあまりないようですね。

3つセットで覚えておこう

例文の1つに出ているoutbreakという単語はカタカナでも「アウトブレイク」と使われることもありますので、これも確認しておきましょう。これは「特定の集団内や地域で感染爆発が起こること」を表します。さらに、その「特定の場所や地域を越えて、たくさんの人に感染が広がること」をepidemic(エピデミック)、「感染が世界の広範囲に広がること」をpandemic(パンデミック)と言います。

【アウトブレイク】 特定の集団や地域における疫病の感染が発生すること
【エピデミック】 特定の集団や地域を越えて多くの人に疫病の感染が広がること
【パンデミック】 世界の広範囲で疫病の感染が広がること

3つをセットで覚えておくといいでしょう。これは英語でも日本語でも共通です。

次ページビジネスシーンで耳にするカタカナ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT