懐かしくもどこか甘酸っぱい「昭和遺産」8選

「1700カ所を巡礼した男」の壮大かつ貴重な記録

世にも不思議で哀愁たっぷりの「昭和遺産」の数々をご紹介(写真:著者撮影) 
ブログ「昭和スポット巡り」で、2012年からジャンルを問わず「昭和が体感できるスポット」をレポートしてきた平山雄さん。これまで訪ねたスポット数は1700カ所。彼の新刊『昭和遺産へ、 巡礼1703景』から、どこか不思議で懐かしい「昭和遺産」の光景を一部抜粋・再構成してお届けします。

昭和遺産1:高崎白衣大観音(群馬県・高崎市)

1936(昭和11)年建立の高崎白衣大観音。高さは41.8mもあり、特撮映画さながらの迫力です!

参道の土産屋や食事処は完全に昭和のまま(写真:著者撮影)

山頂にある大観音へ続く参道には、昔ながらの土産屋や食事処が軒を連ね、買い物や食事も楽しめます。

参道の上のほうにある「観音みやげ」は、昭和の面影があるというレベルではなく、完全に当時のままです。手書きのトタン看板やテントが、朱色でそろっているのもカワイイ。

店頭でみそおでんが売られていると、つい衝動買いしてしまいます。

大観音を眺めながらいただきました。高崎観音山丘陵には、石仏が39体も祀られている「洞窟観音」もあります。

(写真:著者撮影)
次ページ北海道に行ったら一度は食べたい「かにめし」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT