米国市場になだれ込む、鉄鋼各社の台所事情

拠点を持たないJFEはどう動く?

セベルスタリのディアボーン製鉄所。周囲にはビッグスリーの工場が数多く存在する

「コスト削減ばかりではどこかで行き詰まる。並行して新たな成長の種をまかねばならない」。国内鉄鋼2位、JFEスチールの幹部はそうつぶやいた。ひょっとすると、その種は“新大陸”にあるのかもしれない。

日系鉄鋼メーカーの視線が米国に集まっている。国内首位の新日鉄住金は昨年11月、世界最大手のアルセロールミタルと共同で、アラバマ州にある独ティッセンクルップの工場を1550億円で買収。国内3位の神戸製鋼所も5月26日、同州に数百億円を投じ、現地の飲料缶メーカーや豊田通商と合弁で自動車用アルミパネル工場を2017年に稼働させると発表した。

セベルスタリの工場に食指?

こうした中で注目を集めているのが、JFEの動向だ。

同社が食指を動かしているとうわさされるのが、ロシアの大手鉄鋼メーカー、セベルスタリがミシガン州とミシシッピ州に構える2つの工場だ。セベルスタリは米フォードから2004年に製鉄所を買収し、米国市場に参入。2013年の粗鋼生産量は約500万トンと、米国では中堅に位置する。

ただ、設備投資のための借り入れがかさんだことや、中国などからの輸入鋼材の価格攻勢を受け、業績が低迷。2007~2013年の7年間で計32.5億ドルの最終赤字を計上した。

5月上旬には米ウォールストリート・ジャーナルが、セベルスタリが北米の一部事業を売却すると報道。米国最大手のUSスチール、ブラジルのナショナルスチールのほかに、JFEが応札に興味を示しているとも伝えられた。JFEの広報担当者は本誌の取材に対し、「あらゆる可能性を検討している」と、明確に否定しなかった。

次ページなぜ北米になだれ込んでいるのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。