新型「N-ONE」乗って確かめた進化の本気度

クロスレシオの6速MTはまるでスポーツカー

見た目はほぼ変えていなくても中身は一新。試乗してみれば、その意味が非常によくわかった。だが、実際に新型を開発するうえで、外観デザインを変えないということは、販売戦略上でいえば、かなりの冒険のようにも思える。例えば、営業サイドなどからの反対はなかったのだろうか。

その点について、N-ONEの開発責任者である本田技研工業の宮本 渉氏は、「(デザインを変えない方向性に対し)反対は全体の約2割で、8割近くが賛成してくれました」という。実際にクルマを売る販売部門からの賛成も多かった外観のキープデザイン。

これは、名車N360を元祖とする先代N-ONEのスタイルが、すでに市場で十分に認知や評価を受けている証しだろう。フルモデルチェンジのために変更はせず、評価されているものはあえて変えない……そんな勇気が新型N-ONEを生み出したのだ。

N-BOXがあるからN-ONEはキープデザインができた

もっとも、宮本氏は「N-ONEだからできた」とも語る。これは、N-ONEの月間販売計画台数が2000台と、N-BOXの約10分の1だからこそ思い切れたということだ。Nシリーズでまとめて語られてしまいがちだが、Nシリーズのアイコンとして販売台数にとらわれず、ホンダが理想を求めて造った軽自動車がN-ONE。それができるのも売れ筋のN-BOX、そしてN-WGNやN-VANがあり、それぞれのキャラクターが確立されているからだろう。

フルモデルチェンジを経ても、ひと目で「N-ONE」とわかるデザインが魅力(筆者撮影)

外観のコンセプトをあまり変えず、長く販売している小型車には、例えば「フィアット500」や「ミニ」など、欧州車には数多いが、国産車ではあまり例を見ない。N-ONEが、それら欧州車のような、伝統がある日本の「ベーシックカー」として末永くクルマを愛する人たちに支持を受けるか、今後の動向が興味深い。

なお、価格(税込)は、Originalが159万9400円~173万2500円、RSがCVT仕様と6速MT仕様ともに199万9800円。本革ステアリングなどを装備した上級グレードで、NAエンジン搭載のPremium(プレミアム)が177万9800円~191万2900円、ターボエンジン搭載のPremium Tourer(プレミアムツアラー)が188万9800円~202万2900円となっている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT