ホンダ「N-VAN」、ついに出た新型軽バンの全貌

7月13日発売、価格やメカニズムの詳細判明

スタイリッシュなデザインで登場した「N-VAN」(撮影:今井 康一)

ホンダは7月12日、軽商用バン「N-VAN」を7月13日に発売すると発表した。今年、販売を終了した「バモス」「アクティ」の後を継ぐモデルで、ホンダの軽商用バンとしては19年ぶりの新型車となる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ダイハツ工業「ハイゼットカーゴ」「ハイゼットキャディー」、スズキ「エブリイ」などの軽商用バンと競合するとみられる。「軽でありながら荷室空間を最大限に取るとともに、不満だった燃費の悪さや騒音、加速性能などを高めた」(開発責任者の古舘茂・本田技術研究所 四輪R&Dセンター)ことで、ダイハツ、スズキに見劣りしてきた軽商用バンの分野で攻勢をかける。

ホンダは6月1日にN-VANの内外装デザインやボディカラー、グレード、メカニズムなどの一部情報を先行公開していたが、価格や性能、メカニズムなどの詳細がようやく明らかになった。

車両本体価格は126万円台~

気になる車両本体価格は以下の通りだ。

●N-VAN
G・Honda SENSING(6MT・CVT)
  FF    126万7920円
  4WD   137万7000円
L・Honda SENSING(6MT・CVT)
  FF      134万1360円
   4WD   145万0440円
●N-VAN +STYLE
FUN・Honda SENSING (6MT・CVT)
  FF     156万0600円
   4WD    169万1280円
FUN・ターボ Honda SENSING(CVTのみ)
   FF    166万8600円
   4WD  179万9280円
COOL・Honda SENSING(6MT・CVT)
   FF    156万0600円
   4WD   169万1280円
COOL・ターボ Honda SENSING(CVTのみ)
       FF   166万8600円
  4WD   179万9280円
「N-VAN」(右下)、「N-VAN +STYLE FUN」(上)、「N-VAN STYLE COOL」の3タイプがある(写真:ホンダ)

グレードはベーシックな「N-VAN」の「G」「L」と丸目スタイルの「N-VAN +STYLE FUN」、フロントのメッキグリルが特徴の「N-VAN +STYLE COOL」で構成する。全グレードともボディサイズは全長3395×全幅1475mmで共通。全高は「N-VAN」と「N-VAN +STYLE FUN」は1945~1960mmと背が高く、「N-VAN +STYLE COOL」はそれより若干低い1850~1865mmのロールーフタイプとなる。

次ページ競合車の価格と比較してみると?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。