ホンダがN-BOXの好調を単純に喜べない事情

販売現場で懸念される「ヒット車傾注」の弊害

初代の基本を踏襲しつつ、さらに商品力を高めた2代目N-BOX(撮影:尾形文繁)

ホンダの乗用車(4輪車)部門でドル箱中のドル箱、「N-BOX」がこの9月から新型となる2代目へと生まれ変わった。

発売5年で累計販売台数100万台を突破

N-BOXは全高1790~1815mmという背の高さが特徴のスーパーハイトワゴンと呼ばれるタイプの軽乗用車だ。ダイハツ工業「タント」、スズキ「スペーシア」が主なライバル車種となる。初代N-BOXは発売から4年以上が経った2015年、2016年にも2年連続で軽乗用車販売1位を獲得。発売5年ちょうど(60カ月)で累計販売台数100万台を突破し、2001年6月に発売したコンパクトカー「フィット」の同6年6カ月を上回り、ホンダ乗用車で最速のヒット記録をつくった。

2代目N-BOXは、2011年末に登場した初代で好評を得た広い室内空間や角張った独創的なデザインを継承しつつ、プラットフォーム(車台)やパワートレーンを新開発。「助手席スーパースライドシート」と名付けられた新機能の採用のほか、衝突軽減ブレーキや誤発進抑制、路外逸脱抑制、車線維持、高速道路などでの先行車追尾などの機能を複合的に組み合わせた、安全運転支援システム「ホンダセンシング」をホンダの軽乗用車で初めて標準装備。商品性を充実しながらも、初代から約80kgの軽量化も果たした。

初代の基本を踏襲しつつ、さらに商品力を高めた2代目は月間販売目標1万5000台に対し、事前受注台数は約2万5000台に達したという。初代と同等、あるいはそれ以上の販売が期待されている。

一方、ホンダにとってはこの好調な出足を単純に喜べない事情もある。それは引き合いの強い2代目N-BOXの販売に現場の負担が集中して、それ以外の普通乗用車、特にフィットや背高ミニバンの「フリード」「ステップワゴン」といった車種の販売が手薄になりかねないことだ。

次ページN-BOXほど売りやすい商品はない
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT