トヨタ「マークX」の消滅がささやかれる理由

一斉を風靡したハイソカーはどこへ行く

「マークX」はトヨタの高級セダンとして「マークⅡ」の流れを汲む(写真はトヨタグローバルニュースルームより)

今の40~50代以上のクルマ好きなら、1980年代の「ハイソカーブーム」を覚えている人も少なくないだろう。それまで「国民車」と呼ばれた「カローラ」クラスのセダンに代わって、全長が4.7m程度で排気量2000~3000cc級のエンジンを搭載し、内外装をちょっと高級に仕立てた「アッパーミドル」と呼ぶ上位クラスのセダンが爆発的に売れた現象だ。

中でも、トヨタ自動車の「マークⅡ」に「チェイサー」と「クレスタ」を加えた3兄弟の売れ行きはすさまじかった。特に白いボディカラーの人気が高く、今では見かけなくなった4ドアハードトップがもてはやされた時代でもあった。当時このクラスにおける駆動方式は、エンジンを車体前部に積み後輪を駆動するFR(フロントエンジン・リアドライブ)が主流だった。

それなりの価格帯のクルマだったにもかかわらず売れに売れて、月間販売台数が3車種合計で3万台以上に達したときもあったほど。これは今のトヨタの最量販車である「プリウス」や「アクア」をしのげるほどの水準だ。タクシーや教習車としてもよく使われていた。

「マークX」が現行モデルで廃止か

1980年代後半に投入された6代目「マークⅡ」はハイソカーブームの中で絶大な人気を誇った

そんなハイソカーブームから30年余り。マークⅡのコンセプトを受け継いだ「マークX」が現行モデルで廃止されるという話が、この春に中日新聞をはじめ複数のメディアから報じられた。真偽のほどは定かではない。もし事実なら「コロナ」「カリーナ」などトヨタの一時代を築いたモデルがまた消えることになる。

今夏にフルモデルチェンジ(全面改良)が予定されている「カムリ」は、従来のカローラ店に加えて、マークXの専売店であるトヨペット店で取り扱われることがすでに発表されている。これが意味することは、いずれはマークXを廃止する予定があり、これまでマークⅡやマークXを愛用してきた層の需要に対しては、今後はカムリで応えていきたいという意図があると見てよいだろう。

次ページマークXの販売台数は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT