トヨタ「マークX」の消滅がささやかれる理由

一斉を風靡したハイソカーはどこへ行く

マークXの現行モデルは、2009年に登場し、2012年と2016年に大がかりなマイナーチェンジを実施している。最新モデルに少し乗ってみたのだが、内外装デザインだけでなく、走りの味付けにまで手を加えていて、力の入りようがうかがえた。

中立付近のやや緩いステアリングなど、いささか最新モデルとの違いは見受けられたものの、ドライブフィール全般の印象は上々。乗り心地や静粛性など快適性も高い。ただし、クラウンにはすでにある直噴ターボエンジンの設定はなく、全車V6であり、先進安全装備の設定や車内のどこにもUSB端子がないことなど、負い目を感じたのも否めない。

そんな中でも、注目すべき事実もある。マークXに、2012年秋に設定された「G‘s」というスポーティなグレードが、けっこう売れたのだという。2012年10月~2016年11月までで約5050台。同じ期間のマークX全体の販売台数が約4万7200台なので、比率は10%を超えている。マークXは、G’sのようなキャラクターを好む層に受ける要素を持ち合わせているわけだ。

それもあってか、2016年11月にビッグマイナーチェンジを実施し、「RDS」という新しいスポーティグレードを設定し、心機一転を図った。かろうじて直後の販売はやや回復したものので、それほど改善するわけでもなく、生産終了がささやかれ始めたというワケだ。

トヨタ内では、マークXを残すかどうかという決断を迫られた中で、苦渋の選択となるはず。ただ、マークXがカムリに統合されると、これまでマークⅡ~マークXに乗ってきた、あるいは販売サイドで扱ってきた人にとっても、どうしてもカムリは格下という印象はぬぐえないはず。

新型カムリは非常に期待できるものである

ただし、まもなく新型が登場するカムリは、プラットフォームだけでなく、パワートレインにも、トヨタの車づくりの構造改革「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の考え方を採り入れて、全面的に刷新して登場するので、内容的には非常に期待できるものであることには違いない。

FRであるからこそマークⅡ~マークXを支持してきた層も少なくないことと思うが、クラウンで若返りを図ったトヨタの戦略は功を奏しており、次期クラウンでもこの路線を踏襲するに違いない。やや話がそれるが、マークXの代替需要の受け皿として、アスリートをさらに若返らせたモデルをつくるという手法も考えられる。そうなると、クラウンにも「G‘s」の後継となる「GR」がラインナップされる可能性は十分にありうる話だ。

マークXはマイナーチェンジして間もないこともあり、当面は現状を維持して販売されるだろう。思い入れのある人も大勢いるであろう、マークⅡの面影を残すマークXの明るい情報が聞こえてこないのは残念だが、これも時代の変化を象徴している。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。