「プリウスPHV」が不人気を吹き飛ばした理由

大幅進化の新型は欧米の挑発に実力で応えた

新型プリウスPHVが好調だ(筆者撮影)

今年2月に発売されたトヨタ自動車の新型「プリウスPHV」が、好調な立ち上がりを見せている。発売からおよそ1カ月にあたる3月16日時点の発表では、約1万2500台の受注を記録したという。

PHVとは「プラグインハイブリッド車」の略だ。充電したモーターだけで走る電気自動車(EV)としても、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車(HV)としても使える。新型プリウスPHVは現行4代目プリウスがベースとなる。

新型プリウスPHV(筆者撮影)

先代プリウスPHVの状況を知る人にとって、月間販売目標2500台の5倍という新型プリウスPHVの初速は驚きの数字であるはずだ。先代は2009年末、まず主として官公庁や企業向けとしてリース販売をスタートした後、2012年始めから一般向けの市販を開始したが、それから4年間かけて全世界で7万5000台しか売れなかった。

これは年間2万台弱というわけで、悲惨な数字とも言えない。世界のEVやPHVのデータを紹介するウェブサイト「EV Sales」によれば、現在販売中のもうひとつの和製PHV、三菱自動車工業の「アウトランダーPHEV」が昨年世界で販売した台数は2万7000台だ。

とはいえ、ベースの3代目プリウスが日本だけで月1万台以上をコンスタントに販売していたことを考えれば、いまひとつの結果である。

先代プリウスPHVの不振の理由は?

PHVが高価だったわけではない。リース販売が始まったときは525万円と、通常のプリウスの倍以上の数字に愕然とした覚えがあるが、2012年に一般向け販売が始まったときには320万円からと、わずかではあるが新型より安かった。ただ人間は最初の印象を根強く持ち続ける傾向がある。デビュー直後の525万円で「PHVは高い」というイメージを受け付けてしまった可能性もある。

次ページもうひとつの理由は
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT