スズキ「4代目ジムニー」気になる価格が判明

車両本体は145万円台から、最新機能も搭載

ついに20年ぶりのフルモデルチェンジを果たした新型「ジムニー」(写真:スズキメディアサイト)

スズキは7月5日、軽4輪駆動(4WD)車の新型「ジムニー」と、小型4WD車の新型「ジムニーシエラ」を20年ぶりに全面改良(フルモデルチェンジ)して同日発売したと発表した。

ジムニーは1970年から続く伝統のモデルながら、新型は4代目とモデルサイクルの長い車で、悪路走破性の高さとコンパクトな車体による取り回しの良さを武器とする。ジムニーシエラは、軽自動車のジムニーをベースに小型車用のエンジンを搭載。1977年に発売された800ccエンジンの「ジムニー8」を原点としている。

世界累計285万台のヒット車種

いずれも作業現場や山間部、積雪地などに強い車であり、レジャー用途も含めて根強いファンに支えられている。世界194の国・地域で累計285万台を販売してきた。20年ぶりのフルモデルチェンジで最新技術をひっさげて、大幅に商品力を向上するという期待から、発表前から自動車業界内外で大きな注目を集めていた。

気になるグレード構成と車両本体価格は次のとおりだ

●ジムニー(660ccのターボエンジンを搭載する軽自動車)
「XG」 5MT  145万8000円
     4AT  155万5200円
「XL」 5MT  158万2200円
     4AT  167万9400円
「XC」 5MT  174万4200円
     4AT  184万1400円
●ジムニーシエラ(1500ccエンジンを搭載する小型乗用車)
「JL」  5MT  176万0400円
     4AT  185万7600円
「JC」  5MT  192万2400円
            4AT  201万9600円
次ページ込み込みいくらで買える?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT