ホンダ「N-VAN」、19年ぶり新型軽バンの衝撃

助手席まで収納できる大空間は斬新だ

軽商用バンの新型車「N-VAN」(写真:ホンダ)

新型車「N-VAN」を今夏に発売

ホンダは6月1日、軽商用バンの新型車「N-VAN」を今夏に発売することを明らかにし、内外装デザインやボディカラーなどの一部情報を先行公開した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

N-VANは、ホンダの軽商用バンとしては今年5月に販売を終了した「バモス」以来、実に19年ぶりとなる新型車で、同じくこれまで販売してきた軽商用バン「アクティ」の後も継ぐ。ダイハツ工業「ハイゼットカーゴ」「ハイゼットキャディー」、スズキ「エブリイ」などの軽商用バンと競合するとみられる。

特徴は軽自動車ながら、ダンボール箱(長さ380×幅310×高さ280mm)で71個、ビールケースなら40個を運ぶことも可能な大容量の荷室空間だ。背が高く四隅を切り立たせたデザインとともに、運転席以外のシートを床下へと収納でき、フルフラットにできる構造を備えている。脚立などの長尺物も積みやすく、自転車やレーシングカート、キャンプ道具、サーフボードなどを運びたい人が、レジャー用途で買い求めることもありえそうだ。最大積載量は350kgとなる(一部グレードは同300kg)。

助手席側にはボディの上下をつなぐピラーがなく、助手席と後席のスライドドアを全開にすると幅1580×高さ1230mmの大開口部を実現できる。助手席ピラーレスはダイハツ「タント」など軽乗用車で先行している構造だが、軽商用バンとしてはN-VANが初採用となる。テールゲートと併せて使うことで、荷物の積み降ろしが従来の軽商用バンよりもやりやすくなりそうだ。

荷物の積み降ろしもラクだ(写真:ホンダ)
次ページグレードは…
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。