ホンダ「N-BOX」は軽自動車の王座を守れるか

まるでミニバン、車内の使い勝手を徹底追求

初代の発売から約6年を経てモデルチェンジとなった、ホンダの軽自動車「N-BOX」。2代目でもヒットを飛ばせるか(撮影:尾形文繁)

軽自動車市場を席巻した王者の勢いは止まりそうもない。ホンダは9月1日、主力モデル「N-BOX」の新型車を発売した。価格は税込みで138万円から。月間販売で1万5000台を目指す。

2011年末に初代N-BOXが登場して以降、軽自動車はホンダの国内事業の屋台骨といえるほどまでに成長した。国内での軽比率はN-BOX投入前は2割だったが、2016年は国内販売70.7万台のうち約45%を軽が占めた。

ずっと売れている「化け物」のような車

「N-BOXは新型への切り替え前でも売れ続ける、化け物のような車だ」。2代目の開発責任者を務めた白土清成・主任研究員は自らが手掛けた商品をそう評した。

一般的に自動車は、発売から時間が経つと新型への切り替えを待つ”買い控え”が起こる。にもかかわらず、旧型のN-BOXは発売から4年以上が経った2015年、2016年と2年連続で軽乗用車販売1位になった。

流行の2トーンカラーモデルも用意した(撮影:尾形文繁)

「モデルチェンジをしなくても売れ続けている看板車種だからこそ、開発陣には、普通に改良を施すだけでは”こける”という意識があった」(前出の白土氏)。こうしたプレッシャーの中で、旧型の大きくて四角い外観にはあえて手を加えなかった。

新型N-BOXにおける変化は、その中身だ。使用する部品の9割を刷新し、ボルト以外のほとんどの部品を新たに造り込んだ。とりわけ力を注いだのは安全性と利便性の向上だ。

次ページ”あの機能”を全車標準装備に
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。