ダイハツ「軽自動車トップ企業」の強さと悩み

スズキに水をあける独走態勢の裏側

ダイハツのウェブサイト上に掲載されている人気ランキング第1位の「キャンバス」(写真:ダイハツメディアサイト)

2017年度(2017年4月~2018年3月)に軽自動車販売でトップに輝いた自動車メーカーは、約61万台を売ったダイハツ工業だった。2位スズキ(同約55万6000台)に5万台以上の差をつけ、5年連続でトップを守った(数字は全国軽自動車協会連合会調べ)。

ダイハツには飛び抜けたヒット車種があるワケではない

軽自動車販売では長らくスズキとダイハツが激しい頂上決戦を繰り広げてきたが、近年はダイハツが数的な面で優位に立っている。ただ、軽自動車の車名別ランキングで1位だったホンダ「N-BOX」のようにダイハツには飛び抜けたヒット車種があるワケではない。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

2017年度にダイハツの軽自動車で最も売れたのは「ムーヴ」の14万5643台。軽自動車の車名別ランキングでは2位ながら、これには派生モデルである「ムーヴキャンバス」の販売台数が含まれており、実質的には2車種の合計値でもある。

ムーヴキャンバスは全高をそこそこに抑えながら、リアサイドにスライドドアを採用。車名のとおり、「ワーゲンバス」のような愛嬌のあるスタイルで、本来は若い女性を意識して開発されたが、結果的には年配層やファミリー層など幅広いユーザー層から支持されている。ダイハツお得意の本格的なエアロカスタムモデルがラインナップされていないのにもかかわらず、販売が好調なのも特徴的だ。

2017年度にダイハツの軽自動車で最も売れたのは「ムーヴ」(写真:ダイハツメディアサイト)

ダイハツのウェブサイト上に掲載されている、登録車を含んだ人気ランキングではキャンバスが第1位で、2位「タント」、3位「キャスト」、4位「タントカスタム」、5位「ミライース」となっている(5月2日時点)。

車種ラインナップを豊富に用意し、いくつかの量販モデルをベースに多くの派生車種をつくり、結果的にはメーカーの販売台数としてトップを獲りにいくというのが、ダイハツの傾向と分析できる。

次ページダイハツが軽自動車市場で独走できている要素
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。