カローラハッチバック発売前にわかった全貌

210万円台からの価格やグレード構成なども

カローラシリーズとしては久しぶりとなるハッチバックが投入される(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

ホンダ「シビック」、マツダ「アクセラ」、スバル「インプレッサ」――。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

いわゆる「Cセグメント」に分類される各社を代表する車種で、欧州車ではフォルクスワーゲン(VW)「ゴルフ」、メルセデス・ベンツ「Aクラス」、BMW「1シリーズ」、プジョー「308シリーズ」、ルノー「メガーヌ」、ボルボ「V40」などがこのカテゴリに属する。日本の3車種はトランクを備えた4ドアセダンもそれぞれ擁するが、主戦場はリアゲートが開閉する5ドアハッチバックだ。

トヨタが「カローラハッチバック」で勝負を仕掛ける

その市場に、トヨタ自動車が往年のブランドで勝負を仕掛ける。日本では6月26日にデビューが予定されている「カローラハッチバック」だ。これまで日本では「オーリス」として売られてきた車種を事実上引き継ぐモデルとして、米国では「カローラiM」の後継モデルとして、今年3月のニューヨーク国際自動車ショーで世界初披露された。先駆けて今年1月のジュネーブショーでは新型オーリスが公開されており、これとは別の車となる。

カローラ ハッチバックがカローラの新世代をまずは切り開く(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

大衆車の代名詞でもあるカローラの名前を冠しながら、全長4370×全幅1790×全高1435mmと、横幅1700mmを超える「3ナンバーサイズ」のボディに、スタイリッシュかつスポーティなデザインの5ドアハッチバック車として各社に対抗する。セダンのカローラ アクシオ、ワゴンのカローラ フィールダーは現行モデルの販売を当面続けるとみられ、カローラハッチバックがカローラの新世代をまずは切り開く。

筆者は、そのカローラハッチバックの車両価格やパワートレーン、グレード、ボディカラーなどの購入にかかわる情報をいち早く入手した。すでに全国の「トヨタカローラ店」で5月12日より先行予約受注が始まっている。当初のパワートレーンは、排気量1.2Lガソリンターボエンジンと、同1.8Lガソリン自然吸気(NA)エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド仕様の2タイプとなる。

次ページ各グレードと車両本体価格
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT