ダイハツ、新車で「カワイイ」を封印した理由

女性が開発に参画した「ミラ トコット」投入

「ミラ トコット」を囲む奥平総一郎社長と”女性7人衆”(撮影:大澤誠)

“女性7人衆”がプロデュースした女性のための軽自動車――。

ダイハツ工業は6月25日、若い女性客の獲得に向けた新型軽乗用車「ミラ トコット」を同日から全国一斉に発売した。同型車種ではライバルのスズキが「ラパン」で快走しており、ダイハツが追い上げを図る。ダイハツの奥平総一郎社長は「女性ならではの感性と意見を大事にした車」と強調した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ミラ トコットは2009年にダイハツが発売した「ミラ ココア」の事実上の後継車。同社で最も廉価なミラシリーズの一種で、価格は税込み107万4600円~142万5600円。月間販売目標は3000台。2017年には高齢者ドライバーが比較的多い 「ミラ イース」を約6年ぶりにフルモデルチェンジしており、「ミラ トコット」の追加でターゲットを広げていく。

「今はシンプルの時代」

ミラ トコットは若い女性向けだが、あえてカワイイ系を強調していないことが特徴だ。「『女性=”カワイイ“物好き』という従来の固定観念を覆すのが大変だった。昔はデザインを盛るという発想だったが、今はシンプルの時代。女性の感性の変化を新型車にも落とし込んでいった」。こう話すのはトコットの開発に携わり、同日の会見で登壇した西山枝里・商品企画室副主任だ。

開発責任者の中島雅之チーフエンジニアは、一から見直すために女性ばかりの特別チームを編成した(撮影:大澤誠)

西山副主任はこれまでのクルマ作りでは、開発の最終段階で関わることが多く、そこでコンセプトを変えることはほぼ不可能だった。だが、今回は企画・開発の初期段階から参画し、徹底的に議論し尽くしたという。

その西山副主任を呼んだのが開発責任者である中島雅之チーフエンジニアだ。中島氏は「ミラ ココア」をゼロから見直すため、西山氏も含めて女性ばかり7人の特別チームを編成。製品企画から1人、商品企画から2人、デザインから3人、生産管理から1人と幅広い部署から呼び集めた。平均年齢は20歳後半で、新型車のターゲット層とほぼ同じだ。

次ページコンセプトは「ブリキのバケツ」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT