スズキ「4代目ジムニー」何がどう変わるのか

20年ぶり全面改良、走行性能向上に期待

4代目に生まれ変わるスズキの新型「ジムニー」(写真:スズキのティザーサイトより)

スズキは6月18日、同社ホームページ上に新型「ジムニー」の先行情報サイトを開設し、7月に発売する同車の一部情報を公開した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

「ジムニー」はスズキが売っているSUV(スポーツ多目的車)タイプの4輪駆動(4WD)車で、新型は4代目に当たる。1970年に初代(型式LJ10)、1981年に2代目(SJ30)、1998年に3代目(JB23)と、世代交代までのインターバルがとても長いが、3代目から今回の4代目登場まで、なんと20年もの年月を要した。

世界各地のジムニーユーザーにとってはまさに、待ちに待ったフルモデルチェンジだ。ジムニーは日本では軽自動車規格が主力で、また海外ではエンジンとボディサイズが大きい普通車規格として販売され、世界市場で累積285万台を誇るベストセラーである。

軽自動車「ジムニー」と普通車「ジムニーシエラ」

今回、公開された一部情報で明らかになったのは、4代目ジムニーは先代モデルと同様に、大きく2つの車系があることだ。ひとつは、排気量660㏄の軽自動車「ジムニー」。もうひとつが、排気量1500ccの普通乗用車「ジムニーシエラ」だ。車体の骨格は両車とも、初代から3代目まで採用したラダーフレーム形状の考えを継承した上で新開発とした。駆動方式はFR(フロントエンジン・リア駆動)で副変速機付きのパートタイム4WDとなる。

「ジムニー」はベースグレードの「XG」、中間グレードの「XL」、そしてデュアルセンサーブレーキサポートやクルーズコントロールなどの機能を含む最上級グレードの「XC」。一方、「ジムニーシエラ」はベースグレードが「JL」、そして上級が「JC」となる。

新型ジムニーの内装(写真:スズキのティザーサイトより)

トランスミッションは「ジムニー」「ジムニーシエラ」ともに5速マニュアルと4速オートマチックの2種類が設定される。

両車共通で特徴的なのは明るい印象の豊富な外観カラーラインアップで、これまでのジムニーでは採用のなかったルーフトップをブラック色とする2トーンカラーもオプション設定した。

こうした情報を受けて、私は個人的に新型ジムニーの購入を決めた。ティザー公開の週はちょうどアメリカ取材と重なっているため、アメリカから日本に戻り次第、スズキのディーラーで先行予約の手続きをする予定だ。

次ページ筆者がこの手の車を買うのは初めて
関連記事
トピックボードAD
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。