フェラーリがSUV参入をもったいぶる理由

慎重に考えながらも準備は進んでいるはずだ

フェラーリほど実用性から程遠いブランドはないはずだが…?(写真:フェラーリ提供)

マセラティ「レヴァンテ」、ジャガー「F-PACE」「E-PACE」、そしてランボルギーニ「ウルス」――。世界の新車市場の4分の1をSUV(スポーツ多目的車)が占めるとされる中、近年はラグジュアリーカーブランドやスーパーカーメーカーですら、SUVを投入する流れになってきている。

フェラーリは唯一無二の存在でなければならない

そんな中で注目されているのがフェラーリの動向だ。先駆けてポルシェが「カイエン」や「マカン」でSUVを展開し、あのランボルギーニですらSUVを出したのだから、フェラーリにだってその可能性はありうる。その証拠にフェラーリのトップであるセルジオ・マルキオンネは最近こんなコメントを出した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

「フェラーリは『ユーティリティ・ヴィークル』を作る用意はある。しかし、それはフェラーリならではのものだ。(ちまたにあふれるSUV=スポーツ・ユーティリティ・ヴィークルとは違った)FUV(フェラーリ・ユーティリティ・ヴィークル)とでもいうべきものになるだろう」

これにスーパーカー界は騒然となった。もともと多くのライバルメーカーたちがSUVをラインナップする中、フェラーリだけは、その存在に否定的なコメントを発信し続けていたのだから。

フェラーリほど実用性から程遠いブランドはない。フェラーリといえばこんなイメージを多くの人が持っているだろう。

――真っ赤な、光り輝くような地をはうような優雅なスタイリング。そして遠くからでもその存在感を見せつけるような甲高い排気音。そのバックグラウンドにはモータースポーツの最高峰であるF1のテクノロジーとエンツォ・フェラーリの哲学が生きている――。

次ページフェラーリにとって大変危険なこと
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。