ダイハツ「ミライース」が燃費競争やめた理由

低価格と高性能の両立は、軽自動車で限界に

ダイハツ工業が発表した新型「ミライース」は燃費よりも安全技術や走行性能を売りにした(撮影:梅谷秀司)

軽自動車の”燃費戦国時代”が終わりを迎えようとしている。

ダイハツ工業は5月9日、同社で最も廉価な軽乗用車「ミライース」を約6年ぶりにフルモデルチェンジして発売した。かつて、ライバルのスズキとの燃費競争に火をつけて話題になったモデルだ。

ただ新型車は燃費よりも、自動ブレーキなどの安全・安心面や走行性能を売りにしていく構えだ。ペダルの踏み間違えによる事故が多発する中で、高齢者ドライバーが比較的多いミライースで大きな方針転換を図った。価格は84万2400円から。月間販売目標は9000台だ。

”売り”だった燃費は先代から据え置いた

「低燃費、低価格を実現したことに加え、安全・安心を実現した。”新・みんなのエコカー”だ」。ダイハツの三井正則社長は新型ミライースに並々ならぬ自信を込めた。燃費はガソリン1リットル当たり35.2キロメートル。フルモデルチェンジ前とまったく同じ値だ。

三井正則社長は新型ミライースを「新・みんなのエコカー」と名付けた(撮影:梅谷秀司)

2011年9月に発売した初代ミライースは環境志向の高まりを受け、当時ガソリン車としては最高となる1リットル30キロという驚異的な燃費を実現。ハイブリッド車(HV)や電気自動車に次ぐ「第3のエコカー」として大々的に宣伝し、軽乗用車の競争力を再認識させた。

しかも価格は79.5万円。80万円を切り、当時ヒットしていたホンダのHV「インサイト」の半額となる水準を実現。新たなジャンルを切り開いた車として高い評価を得た。ライバルのスズキもすぐに軽乗用車「アルト エコ」で対抗。その後、両社はマイナーチェンジ(一部改良)を繰り返し、軽自動車の燃費競争が過熱していった。

だがダイハツは今回、新型ミライースの燃費を据え置く決断をした。カタログ燃費が1リットル37キロというスズキの「アルト」に比べると劣る。最も安いモデルの価格は84万2000円からと、80万円のラインも超えてきた。

一方、最新の衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ(スマアシⅢ)」を上級グレード(90.7万円~)に標準搭載した。スマアシⅢは世界最小のステレオカメラで歩行者や車線を認識し、状況に応じて警報や自動ブレーキが作動するシステムだ。現状はミライースより価格が上の「タント」(122万円~)にしか搭載されていない。

次ページ燃費と引き替えに改善したもの
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT