マツダ「SKYACTIV-X」乗って見えた美点と不満

70万円高となる新世代エンジンは買いなのか

試乗したのは「CX-30」の最上級グレード「X L Package」(筆者撮影)

次世代の高性能エンジンとして世界中の自動車メーカーが研究開発するものの、実用化には至らなかった「圧縮着火」のガソリンエンジン。それをマツダが世界で初めて実用化したのが、「マツダ3」と「CX-30」に搭載されている「スカイアクティブX」エンジンだ。

従来のガソリンエンジンに対して燃費で20~30%、トルクで10%ほど向上するという。誰もが夢見た技術をマツダだけがモノにしたという意味では、ロータリーエンジンと同じだ。

いったい、スカイアクティブXはどのようなエンジンなのか。CX-30でその走り味をチェックした。

力強さはまるでディーゼル

スカイアクティブXエンジンを試すために借り出したのは、新型SUVのCX-30だ。言ってしまえば、このモデルはマツダ3のSUVバージョン。マツダ3の発売から約5か月遅れとなる2019年10月に発売され、翌2020年1月よりスカイアクティブXエンジン搭載グレードを追加している。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

マツダのSUV群の中では、最もコンパクトな「CX-3」とミドルサイズの「CX-5」の中間となる存在だ。全高が1540mm、全幅が1795mmというのがポイントで、日本に多い機械式立体駐車場の高さ(1550mm)と幅(1800mm)より絶妙に小さい。マツダの最新世代のアーキテクチャを、日本で使いやすいサイズでSUV化したモデルと言える。

CX-30は年々、質感を高めているマツダ車の中でも、最も新しいモデルだ。そのため、内外装の質感は相当に高い。

パーフォレーションレザーのシートが標準装備となる「X L Package」のインテリア(筆者撮影)

特にデザイン面は兄弟車であるマツダ3が「2020ワールド・カーデザイン・オブ・ザ・イヤー」を獲得したように、CX-30も同様に高いレベルにある。非常に美しいクルマだ。

スカイアクティブXのエンジンはどうかといえば、世界初の先端技術を採用するだけに、これまでにない新しいフィーリングを得た。アイドリング時は音量こそ小さいものの、硬質なノイズが聞こえる。いわゆるディーゼルエンジンのノック音に近い。

そして、走り出しの低回転域の力強さは、まさしくディーゼルエンジンのよう。何も知らされていなければ、「このクルマはディーゼルエンジン車だ」と勘違いしてもおかしくないだろう。

次ページ高回転ではガソリンらしい“伸び感”も
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT