日産リーフでEV初心者が受けた「充電の洗礼」

初めて電気自動車で国内を走ってみたら…

日産「リーフ」。電気自動車としていち早く日本でリリースされた車種の2代目は、運転支援システムを含めて、充実した未来の車体験を楽しむ事ができた(筆者撮影)

そろそろ2019年も年末だが、皆さんにとって今年やっておいてよかったことは何だろう? 筆者にとってそれは、日本での電気自動車のドライブ旅行だった。

「リーフ e+」で、東京から愛知までドライブ

昨今、電気自動車の話題は事欠かなくなってきた。最も新しいニュースは、テスラが直線的なデザインを採用した新車「サイバートラック」を発表し、20万台を超える予約を一気に集めたことだ。創業者のイーロン・マスク氏の株式公開取りやめを含む発言で、ウォール街からは経営に疑問符が投げかけられた同社だったが、新しいモビリティを開拓する姿勢は引き続き支持を集めている。

またメルセデスベンツは東京モーターショーで未来のSクラスをイメージした「ヴィジョンEQS」を披露したほか、小型のシティコミューターともいえる「スマートEQ fortwo」も展示した。アメリカでは2020年に、個人・通勤向けの本命と目される「MINI Cooper SE」が発売される。とくにMINIは、個人的にも非常に試してみたいモデルの1つだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そうした電動化、移動の未来化が進んでいく中で、毎年の現状をスナップショットで体験することは重要だ。

今回、日産自動車に「リーフ e+」を借り、東京から愛知までの週末ドライブで旅した体験をお届けする。日本で電気自動車を運転するのは初めてで、よく言えば非常に新鮮な気持ちで、悪く言えば右も左もわからない状態でのスタートだ。

次ページ電気自動車は街中で運転に集中できる
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT