日産「リーフNISMO」乗ってわかったEVの真価

車と運転車の対話性はエンジン車以上に高い

日産自動車が7月31日に発売する「リーフNISMO」(筆者撮影)

日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」に、スポーツグレードである「リーフNISMO」が設定され、7月31日に発売される。

一足早く試乗した感想を一言で言うなら、電気自動車の走りにおける、さらに大きな可能性を感じさせる1台だった。

果たしてそれは何かといえば……の前にリーフNISMOのプロフィールを記しておこう。

さまざまな専用パーツを装着

「NISMO(ニスモ)」は、日産のモータースポーツ活動や、そのノウハウを活かしたチューニングパーツの開発などに携わるニッサン・モータースポーツ・インターナショナルの通称だ。その名が冠されたリーフNISMOは、リーフをベースにさまざまな専用パーツが与えられる。

エクステリアでは専用の前後バンパーを装着したが、これは空力的な変更を行うため。電気自動車にとって空気抵抗は少しでも下げて電費を稼ぎたいが、スポーツグレードとしてはボディを地面へ押し付けてハンドリング向上を狙いたい。そこでリーフNISMOでは専用開発した前後バンパーやサイドステップを与えて、Cd値はノーマルと同じ数値を維持しつつ、ダウンフォースを発生させた。これによって高速での安定性が向上したという。

またフロントグリルやトランクにはNISMOのロゴを与えたほか、NISMOのアイコンともいえる赤の差し色を使ってスポーティな装いを引き立てている。

インテリアではまず、赤いステッチを配してスポーツモデルの典型的なしつらえとし、ステアリングは専用アルカンターラを巻いた、触感に優れたものとした。加えて電動シフトやコンビメーター、カーボン調フィニッシャーなど専用装備品も与えている。そして専用シート地とドアトリムでスポーティな雰囲気を作り上げている。

実際に走らせてまず印象的なのは、ノーマルのリーフに比べて力強い加速が実現されていること。ノーマルでも十分以上に、静かで滑らかで力強い加速を実現するリーフだが、NISMOは胸のすく、さらに力強い加速を味わわせる。特にアクセルを踏み込んだ時の反応の速さと力強さは圧巻で、高速で巡航している状態から再加速しても、ドライバーの頭をヘッドレストに押し付けるほどの力を生み出してくれる。

次ページ加減速の応答も素早い
関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。