アルファロメオ「ステルヴィオ」は何が凄いか

初のSUV、スポーティでも不安なく楽しい

アルファロメオ「ステルヴィオ」(写真:FCAジャパン)

SUV「ステルヴィオ」が日本に導入された

アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」が日本導入された。昨年来、欧州各国の道路を走行している際、左右対称のひらがなの「つ」のような形のDRL(デイタイム・ランニング・ランプ……ヘッドランプの一部を縁取る常時点灯のLED)を目立たせて走るクルマとすれ違う機会が増えた。そのクルマこそがステルヴィオだ。いくつか存在する仕様のうち、先陣を切って導入されたファーストエディションの試乗会に参加した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

アルファロメオは1910年に創業し、レースにも使われる数々の超高級なスポーツカーを手がけるメーカーとして名を馳せた。フォード創設者で自動車王と呼ばれたヘンリー・フォードはアルファロメオの車両とすれ違う度に脱帽したと言われる。

またエンツォ・フェラーリはアルファロメオから独立して1947年にフェラーリを創設、1951年にF1で当時常勝だった古巣のアルファロメオを下してフェラーリが優勝した際、「私は母親を殺してしまった」と述べたとされる。このブランドの偉大さ、存在の大きさを示すエピソードは枚挙にいとまがない。

アルファロメオは第二次世界大戦後に量産車メーカーとして再出発。1960年代、1970年代に数々の名車を生み出したが、1980年代に親会社となったフィアットは、多数保有するブランドのいくつかを持て余し気味で、そのひとつであるアルファロメオもうまく活用できているとはいえない時代が続いた。「156」(1997年~)や「147」(2000年~)など時折ヒット作は生むものの、継続的に存在感を見せられないでいた。

次ページアルファロメオもFCAグループがもつブランドのひとつ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。