アルファロメオ「ステルヴィオ」は何が凄いか

初のSUV、スポーティでも不安なく楽しい

アルファロメオ「ステルヴィオ」(写真:FCAジャパン)

SUV「ステルヴィオ」が日本に導入された

アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」が日本導入された。昨年来、欧州各国の道路を走行している際、左右対称のひらがなの「つ」のような形のDRL(デイタイム・ランニング・ランプ……ヘッドランプの一部を縁取る常時点灯のLED)を目立たせて走るクルマとすれ違う機会が増えた。そのクルマこそがステルヴィオだ。いくつか存在する仕様のうち、先陣を切って導入されたファーストエディションの試乗会に参加した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

アルファロメオは1910年に創業し、レースにも使われる数々の超高級なスポーツカーを手がけるメーカーとして名を馳せた。フォード創設者で自動車王と呼ばれたヘンリー・フォードはアルファロメオの車両とすれ違う度に脱帽したと言われる。

またエンツォ・フェラーリはアルファロメオから独立して1947年にフェラーリを創設、1951年にF1で当時常勝だった古巣のアルファロメオを下してフェラーリが優勝した際、「私は母親を殺してしまった」と述べたとされる。このブランドの偉大さ、存在の大きさを示すエピソードは枚挙にいとまがない。

アルファロメオは第二次世界大戦後に量産車メーカーとして再出発。1960年代、1970年代に数々の名車を生み出したが、1980年代に親会社となったフィアットは、多数保有するブランドのいくつかを持て余し気味で、そのひとつであるアルファロメオもうまく活用できているとはいえない時代が続いた。「156」(1997年~)や「147」(2000年~)など時折ヒット作は生むものの、継続的に存在感を見せられないでいた。

次ページアルファロメオもFCAグループがもつブランドのひとつ
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。