ベンツ「Aクラス」がセダンを追加する理由

客層広げ、あらゆるクラスでプレミアムに

2018年に発売されるメルセデス・ベンツ「Aクラス・セダン」(写真:ダイムラー)

メルセデス・ベンツは7月23日に「Aクラス・セダン」を発表。そしてこれを2018年末までに発売すると伝えた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

メルセデス・ベンツはすでに5ドアハッチバックの「Aクラス」を発表済みであり、こちらは欧州での試乗会のレポートを本サイトでも公開した経緯がある。(4代目「ベンツAクラス」乗ってわかった超進化

またこれと前後して、2018年4月に開催された北京ショーにおいてメルセデス・ベンツは、中国専用モデルである「AクラスLセダン」を発表している。ご存じのように中国市場ではロングホイールベースが人気であり、これに答える形でメルセデス・ベンツは専用モデルを用意したわけだ。そしてそれから約3カ月を経て、今回Aクラス・セダンを発表するに至った。

コンパクトモデル群は非常に重要な位置付け

メルセデス・ベンツにとって、コンパクトモデル群は非常に重要な位置付けとされる。理由はこれらがメルセデス・ベンツのイメージを変えてくれた存在であると同時に、新たな顧客を創出してきたからにほかならない。

特に現行の「Bクラス」に始まり、先代のAクラス、現行の「CLAクラス」および「CLAシューティングブレイク」、そして現行の「GLAクラス」といった新世代コンパクト群は、手頃なサイズと価格が相まって、メルセデス・ベンツに新たな顧客をもたらした。

実際、アメリカ市場では2013年から、メルセデス・ベンツ初のコンパクトモデルとしてCLAクラスが導入され、2017年にはコンパクトカーの購入層のうち2人に1人が他銘柄から乗り換えた。またCLAの顧客のうち約50%は、初めてメルセデス・ベンツを購入したというデータがあるほどだ。

つまり、新世代コンパクト群は他銘柄から顧客をしっかりと奪うと同時に、初めてメルセデス・ベンツというブランドを体験するきっかけとなった。そして同時にこれはメルセデス・ベンツのこれまでのイメージを大きく変える要素にもなっている。

次ページ歴史と伝統ある高級車ブランドだったが…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。