ベンツ「Aクラス」がセダンを追加する理由

客層広げ、あらゆるクラスでプレミアムに

2018年に発売されるメルセデス・ベンツ「Aクラス・セダン」(写真:ダイムラー)

メルセデス・ベンツは7月23日に「Aクラス・セダン」を発表。そしてこれを2018年末までに発売すると伝えた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

メルセデス・ベンツはすでに5ドアハッチバックの「Aクラス」を発表済みであり、こちらは欧州での試乗会のレポートを本サイトでも公開した経緯がある。(4代目「ベンツAクラス」乗ってわかった超進化

またこれと前後して、2018年4月に開催された北京ショーにおいてメルセデス・ベンツは、中国専用モデルである「AクラスLセダン」を発表している。ご存じのように中国市場ではロングホイールベースが人気であり、これに答える形でメルセデス・ベンツは専用モデルを用意したわけだ。そしてそれから約3カ月を経て、今回Aクラス・セダンを発表するに至った。

コンパクトモデル群は非常に重要な位置付け

メルセデス・ベンツにとって、コンパクトモデル群は非常に重要な位置付けとされる。理由はこれらがメルセデス・ベンツのイメージを変えてくれた存在であると同時に、新たな顧客を創出してきたからにほかならない。

特に現行の「Bクラス」に始まり、先代のAクラス、現行の「CLAクラス」および「CLAシューティングブレイク」、そして現行の「GLAクラス」といった新世代コンパクト群は、手頃なサイズと価格が相まって、メルセデス・ベンツに新たな顧客をもたらした。

実際、アメリカ市場では2013年から、メルセデス・ベンツ初のコンパクトモデルとしてCLAクラスが導入され、2017年にはコンパクトカーの購入層のうち2人に1人が他銘柄から乗り換えた。またCLAの顧客のうち約50%は、初めてメルセデス・ベンツを購入したというデータがあるほどだ。

つまり、新世代コンパクト群は他銘柄から顧客をしっかりと奪うと同時に、初めてメルセデス・ベンツというブランドを体験するきっかけとなった。そして同時にこれはメルセデス・ベンツのこれまでのイメージを大きく変える要素にもなっている。

次ページ歴史と伝統ある高級車ブランドだったが…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT