ベンツ「Aクラス」がセダンを追加する理由

客層広げ、あらゆるクラスでプレミアムに

このボディを採用したことで、トランク容量は420Lを確保。ハッチバックのAクラスの370Lよりも50L多い容量を実現している。加えて室内空間でもクラス最高のレベルを実現しており、特に後席空間のゆとりは以前のCLAよりも広いものを実現しているのは間違いない。

また同時にこのセダンボディでは空力性能向上にも力が入れられており、Cd値は0.22と、これまでのCLAを凌ぐ数値を実現すると同時に、生産車では世界で最も優れたCd値を持つ1台となっている。

使用するプラットフォームはハッチバックのAクラスが用いている新世代のアーキテクチャであるMFA2。そして搭載エンジンのラインナップは、ガソリンモデルがルノーと共同開発による新エンジンである1.4Lの直列4気筒直噴ターボを搭載した「A200」。そして本国ではこのほかに、ハッチバックのAクラス同様に1.5Lのディーゼルモデルが用意されている。トランスミッションは、1.4Lのガソリンに組み合わせられるものは新規開発された小型軽量の7速ツインクラッチ式の7G-TRONICとなっている。

後席空間のゆとりは以前のCLAよりも広いものを実現している(写真:ダイムラー)

またシャシーに関してはリリースにアナウンスはないものの、16~19インチのタイヤを履くという記述があることから、サスペンション形式等はハッチバックのAクラスに準ずるものとなるだろう。つまりフロントはマクファーソンストラットで、リアは装着されるホイールに応じて違いがある。16~17インチ装着車はトーションビームで、18~19インチ装着車はマルチリンクとなるだろう。

安全装備は

そして安全装備に関しても、ハッチバックのAクラスに準ずるものが採用されている。

これは最近のトレンドであるADAS(運転支援)を含んだもので、上級のEクラスやSクラスと同じ装備が与えられる。たとえば前走車との距離を一定に保ちアクセル/ブレーキ/ハンドルをクルマの側で操作するアクティブディスタンスアシスト・ディストロニックは、ステアリング・アシスト付きを装備。さらにウインカー操作だけで車線変更する機能“アクティブレーンチェンジアシスト”も採用された。これらはすでに、ハッチバックのAクラスで採用され、欧州Cセグメントの中で見て最も充実した内容であり、当然今回のセダンにも同じものが入るわけだ。

さらにAクラスでは、メルセデス・ベンツとして初めてのまったく新しいマルチメディアシステム、MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)を採用して大きな話題を呼んだが、これも今回のセダンで同じように採用されている。

次ページインテリアも…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT