ベンツ「Aクラス」がセダンを追加する理由

客層広げ、あらゆるクラスでプレミアムに

従来のメーターフードがなく…(写真:ダイムラー)

それゆえにインテリアもダッシュボードに従来のメーターフードがなく、ダッシュボードの半分以上を一枚のパネルが占めている新鮮な造形となる。この1枚のパネルは実際には、10.25インチのディスプレイが2つ並べられる構成で、すでにSクラスやEクラスでも同じ方式が用いられている(モデルによって7インチ×2という構成や、7インチ&10.25インチという組み合わせになる)。

そしてそれぞれの画面はハンドルに搭載されたタッチコントロールボタンおよびセンターコンソールに置かれたタッチパッド、または画面に直接触れて動かすタッチスクリーンのいずれでも操作が可能だ。

“インテリジェントボイスコントロール”とは

しかしながらMBUXで最も印象的なのは“インテリジェントボイスコントロール”と呼ばれるシステムを備えたこと。

これはアップル社のiPhoneにおけるSiriや、グーグルホームやアマゾンエコーといったスマートスピーカーなどと同じように、曖昧な会話でもAI(人工知能)が理解をし、インフォテイメントや車両操作関連の機能を動かすことができる仕組みである。

Aクラスのレポートでも記したが、ドライバーが、「Hey Mercedes」と呼びかけるとシステムが起動して、対話形式でシステム操作ができるのだ。

バリエーションはさらに広がっていく可能性もある(写真:ダイムラー)

このAクラス・セダンの登場は、おそらくアメリカ市場では現行のCLAクーペにとって変わるものだと筆者は予測する。また今後はこのAクラス・セダンの派生モデルとして、現行のCLAシューティングブレイクに取って代わるAクラス・ステーションワゴンが登場するかもしれない。

さらにいえば、今回CLAクーペに取って代わってAクラス・セダンが登場したことで、今後の次世代コンパクト群には2ドアクーペなどのバリエーションが展開される可能性もある。そしてもし2ドアクーペが加われば、さらにその派生としてカブリオレも……といった具合で、バリエーションはさらに広がっていくと考えてもおかしくはない。

なぜならメルセデス・ベンツにとってのコンパクトモデルは、ブランドイメージを若返らせると同時に新規顧客開拓のための重要な存在。そしてここで獲得した顧客を次のCやその他にステップアップさせるためにも、多種多様なユーザーに「初めてのメルセデス」を提供したいと考えている。

そうしてこれまでにない層を取り込んだ新たな循環を生み出すことで、このブランドをより強固なものにしていく、というわけだ。

今回発表されたAクラス・セダンの初お披露目は2018年10月に開催されるパリショーとなる。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT