ダイハツ「ミラトコット」乗ってわかった実力

「女性向け」感漂うが旧車テイストも持ち味

6月25日に発売されたダイハツ工業の新型軽自動車「ミラトコット」(撮影:伊藤 ひろし)

6月25日に発売されたダイハツ工業の新型軽自動車「ミラトコット」。その名前からもわかるように、ミラシリーズの新規車種ということになる。といっても、すでに「ミラ」という名前の車種は2018年3月をもって終了してしまっており、そのポジションは「ミライース」がカバーしている。ミラトコットもミライースがベースとなって生まれた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんなミラトコットは、肩ひじ張らず、自然体でいられる一台として「エフォートレス」をキーワードに「盛る」ことから「シンプル」へと発想を転換し、ダイハツの女性社員が中心となって開発されたモデルだ。もともとエフォートレスとはファッション用語であったが、マツダも努力を要しない走行状態を「エフォートレス・ドライビング」呼ぶなど、クルマ業界でも使われるようになってきたワードである。

ベースとなったミライースと同じくダイハツのエントリークラスを支える車種とはなるものの、運転に不安を感じるユーザーに対しても安心、安全を感じてもらえるようなクルマに仕上がっている。

シンプルながら愛着の持てるエクステリアデザイン

ミラトコットのエクステリアデザインは、極力加飾を拝したシンプルなデザインで、ともすると安っぽい印象を持たれてしまう恐れもある。実際、発売前に販売店関係者へ写真を見せたところ「こんな見栄えの悪いクルマは売れない」という意見が出たほど。確かに写真で受ける印象は、“旧共産圏のクルマのように面白みのないデザイン”となってしまうが、実車を見てみると意外と凝ったキャラクターラインを持った車種であることがわかるのだ。このように写真と実車の印象が大きく異なる車両なので、できることならすべての人に実車を見てもらいたいと個人的に思う。

次ページ内装はシンプルながら安っぽさは皆無
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。