スズキ新型スペーシアで王者N-BOXに挑戦状

最新安全装備と広い室内空間でホンダに対抗

スズキが12月14日に発売した軽自動車の新型「スペーシア」。ハイトワゴン市場で競合するホンダの「N-BOX」やダイハツの「タント」を意識して作り込んだ(撮影:尾形文繁)

スズキが軽自動車の最激戦区「ハイトワゴン」市場で巻き返しののろしを上げた。12月14日、主力の軽自動車「スペーシア」を約5年ぶりに全面刷新して同日発売。スペーシアが挑むハイトワゴン市場は、王者・ホンダ「N-BOX」と強豪・ダイハツ工業「タント」が席巻し、スズキは後塵を拝する。スズキは競合を徹底的にベンチマークにして、今回の刷新に挑んだ。

軽自動車初の安全装備を盛り込む

「新型スペーシアはハイトワゴンをもっと楽しく、もっとワクワクする車にした。そのために安全技術はふんだんに盛り込んだ」

スズキが新型「スペーシア」に搭載したヘッドアップディスプレー。フロントガラスに車速や警告などの情報を投影する。軽自動車としては初めての採用だ(撮影:尾形文繁)

鈴木俊宏社長が発表会でアピールしたように、安全装備の充実ぶりが際立つ。後退時に車両後方の障害物を検知して衝突を回避する自動ブレーキシステム、車速や警告などの情報をフロントガラスに投影するヘッドアップディスプレー、周囲を立体的に360度確認できる3Dビューなどいずれも軽では初採用だ。スズキは今後こうした予防安全技術を「スズキ セーフティサポート」として全車種に展開したい考えで、スペーシアはその第1弾となる。

新型「スペーシア」では、室内空間を見た目でも数値上でも広げた(撮影:尾形文繁)

さらに室内空間にもこだわった。先代スペーシアがN-BOXなどライバルに比べて小ぶりに見えるなど「大きさのアピールが弱かった」(鈴木社長)という弱点を解消するため、フロントガラスとリヤガラスを先代よりも立たせて視覚的に大きさが伝わるデザインにした。

また、ベルトライン(サイドウインドー下端部を横方向に走るライン)を高くしてボディの厚みを強調した。新プラットフォームの採用で車体の全高は50ミリ高い1785ミリと一段と背高にしており、見た目でも実際に乗っても広さを感じる新型車に一新した。

次ページ新型スペーシアの価格設定は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
三越伊勢丹の海外店舗<br>公的資金の引き揚げの内幕

三越伊勢丹HDの「伊勢丹 ザ・ジャパン・ストア」をめぐって、あきれた内実が判明。この店舗には官民ファンド「クールジャパン機構」も出資。公的資金の使途として適正だったのか?