新型「N-ONE」乗って確かめた進化の本気度 クロスレシオの6速MTはまるでスポーツカー

✎ 1〜 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 最新
印刷
A
A
ブレーキ操作に連動してシフトダウンをサポートしてくれる「ブレーキ操作ステップダウン機構」も面白い(筆者撮影)

また、やはり初採用の「ブレーキ操作ステップダウン機構」も秀逸だ。コーナー手前で減速する際などに、ブレーキペダルを操作しただけでダウンシフトをしてくれるこの機構により、コーナー立ち上がりなどの再加速がとてもスムーズだ。

注目の6速仕様のRSの走りをチェック

いよいよ、注目のRS 6速MT仕様に乗る。インパネ周りなどは(RSの)CVT仕様とほぼ同じだが、ホンダが誇るスポーツカー「S2000」と同デザインのシフトレバーがよりスポーティさを演出している。

エンジンフィーリングや車体の軽快さなどもCVT仕様と同じだが、6速マニュアルシフトをうまく駆使すれば、よりキビキビした走りが楽しめる。シフトレバーのタッチはカチッとしていて、操作感は非常にダイレクトだ。

新型N-ONEで注目を集めているのが6MT仕様だ(筆者撮影)

軽2シータースポーツの「S660」と同様に、5速までクロスレシオ化していることもあり、2速の低いギアでも30~60km/h程度の速度域をカバーでき、まるでスポーツカーに乗っているような気分が味わえる。

ただし、ターボ付きとはいえ660ccエンジンでは、やはりトルクがリッター超えのスポーツ車ほどではない。今回は試せなかったが、急勾配の登り坂になっているワインディングなどでスポーティな走りをしたいときは、頻繁なシフトチェンジが必要になるかもしれない。とはいえ、クラッチペダルが非常に軽いため、シフト回数が多くても疲労感は少ないだろう。

新設された「オートブレーキホールド機構」も、6速MT仕様でより便利な機能だ。これは、停止時にブレーキペダルから足を離しても停止状態を保持するというシステムで、全車に標準装備されている。渋滞路や街中の信号待ちなどで疲れにくく、アイドリングストップも効くため燃費性能も犠牲にしない。特にアクセル、ブレーキ、クラッチといった3つのペダルを操作する6速MT仕様にはありがたい機能だ。

次ページベースグレード「Orignal」の走りは?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT