新型「N-ONE」乗って確かめた進化の本気度

クロスレシオの6速MTはまるでスポーツカー

新型N-ONEのリアスタイリング。写真はRSグレードのCVTモデル(筆者撮影)

スタイリングでまず目に飛び込んでくるのが、ホンダが「タイムレスデザイン」と呼ぶ外観デザインだ。「丸(ヘッドライト)・四角(サイドフォルム)・台形(後部デザイン)」といった初代モデルの基本構成を踏襲したフォルムは、まさに「いつも街で見かける」N-ONEだ。

ホンダの開発者によると、さまざまな新しいデザインも試みたそうだが、N360を源流とするN-ONEのキャラクターを突き詰めていくと、結果的に「初代モデルのシルエットを継承することになった」のだという。

ただし、変更点もある。例えば、前後バンパー下部はやや立体的な造形に変更され、走る楽しさを表現するための「踏ん張り感」を演出している(指摘されなければ気づかない程度の変更だが)。

グレードによって異なるフロントフェイス

OriginalとRSでは、フロントグリルの形状や大きさが多少異なるが、特にメッシュ部がより大型で、メッキモールで囲まれたRSのグリルは、より精悍さを増した印象だ。さらにRSでは、バンパー左右に配置されたフォグランプの形状も変更され、全体的によりスポーティな顔つきになっている。

写真奥の黄色い車両がRSの6MT仕様、写真手間がRSのCVT仕様。スポーティなデザインが特徴的だ(筆者撮影)

「変わったな」と感じさせる点では、ヘッドライトのほうがわかりやすい。愛くるしい丸目レンズはそのままだが、新しく「デイタイム・ランニングランプ」が内蔵されているのだ。リング状のLEDを使ったランプは、日中も点灯するだけでなく、ウインカーも兼ねている。また、夜間などに点灯する際は、中央部のプロジェクターライトも光るなど、その時々で丸目の表情(光り方)が変化して面白い。もっとも運転中に見ることはできないが、街などを走っているN-ONEを見かけた場合、先代か新型かを見わけるポイントのひとつになることは確かだ。

インテリアで特筆したいのは、セパレートタイプとなったシートだ。素材やカラーなどはグレードによって異なるが、今回試乗した3仕様ともに座り心地はとても快適だった。背もたれや座面のクッションが適度な硬さを持つため、腰が沈みにくい。筆者は、腰が沈む「ふかふか」シートに座り長時間ドライブをすると、持病の腰痛が出てしまう。そうなると、運転に集中できなくなるのだ。その点、N-ONEのフロントシートは、背筋を伸ばしたままホールドしてくれるので、そんな心配は無用だ。

次ページシンプルで機能的なインパネは使い勝手も良好
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT