戦国武将がひっそり食べた「牛肉料理」の正体

歴史小説家が資料をもとに当時の食事を再現

戦国時代の牛肉料理はどのようなものだったのでしょうか(写真:Josiah S / PIXTA)
現代ほど食文化が発展していなかった戦国時代の武将は、どのようなものを食べていたのか。歴史資料をひも解き、いまある食材で再現を試みた『戦国、まずい飯! 』から一部抜粋・再構成してお届けする。

牛肉食がタブーだった時代

日本における食のタブーで有名なのは「肉食の禁忌」だ。幕末から明治にかけて、日本を訪れた外国人たちの多くが、日本人が肉を食べず、自分たちが食べるのを見るのも嫌がったと証言している。

だが、戦国時代の食を調べていくと、どうも違う実態が見えてくるのだ。当時の記録によると、戦国時代の日本人は、猪や鹿はおろか、犬、猫に至るまで食べていたのだ。それも卑しい庶民がではない。武士や貴族、果ては僧侶まで獣肉を口にしていた。ただ、食肉として牛を食べることはめったになかった。それはいったいなぜなのか?

この問題に対する見解を、超有名な戦国武将が述べている。

「牛馬は人間に仕え有益なる動物であるに、何故に之を食ふ如き道理に背いたことをなすか」(『イエズス会日本年報』村上直次郎訳)

天正15年(1587)、豊臣秀吉が宣教師クエリヨに対して伝えた言葉である。同年6月19日に発布されたキリスト教禁制の「一 牛馬を売り買いころし、食う事、是れ又曲事たるべき事」の論理的根拠とされている。ちなみにこれと似たような言葉が、266年後、再び西洋人に向けられる。

「わが国の人民、渡世のために飼っている牛馬は、重き荷を負って遠くに行き、人力を助くるが故に、その恩を用いて食うことなし」

嘉永6年(1853)、黒船に乗ってきたアメリカ人に、日本側はこう言って、牛肉の要求を拒絶したのだった。対して宣教師側は、より情緒的に日本人の牛肉タブーを解釈していた。

「……日本人は生来脂肪を嫌うが、ただ宴会や平常の食事では、狩の獲物の肉だけを使う。それは彼らが手飼いのものを不浄とし、自分の家で育てた動物を殺すのは残酷だと思うからである」(『日本教会史』ジョアン・ロドリーゲス著、佐野泰彦ほか訳)

いわば秀吉は功利主義の立場から、宣教師は文化主義の立場から、日本の牛肉食タブーをとらえていたことになる。

次ページキリスト教の影響
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT